日本語は平気なのに英語がダメな外国人なんて...

文部科学省国費外国人留学生選考試験


なーんて読むだけでも疲れてきそうな試験を今日受けてきました。

えーとですね。
日本の大学に留学生として入学したい各国の外国人が受けるテストです。
奨学金などもでまして、受かれば日本の大学にいけます。

科目は日本語、英語、数学。そして面接。

まあ、結論的にいうと、ダメだった気がします。(ぇ




まず日本語。

過去問(過去のテスト)の内容とかなーり違ってました。
2年前は漢字の問題とかことわざとか文法の問題がいろいろでていたのに、
今年は読解問題20問のみ。

これは、余裕でした。大丈夫でした。

第一問が一番難しいという罠。
まあ、解けたと思うんですけど。


まあ、一つ言わせてもらうとすれば...


漢字練習の苦労を返せコンニャローーー!!!!


必死に練習したのに!
必死にひたすら漢字書いたのに!!


まあ、漢字が書けないというのが唯一の弱点だったので、よかったといえばよかった。




二科目目英語。


ん...まあ...自分ではできたつもり。


だけど実際は間違いが多くても気づかないから致命的だね。

でもまあ、比較的簡単だった気はする。




そして、問題の数学。




公式も覚えた。
練習もした。

あとは解くだk...!?!?!?!?!?!



testeigo.jpg
注:この画像は合成です


な、な!!
な...


なんだとおおおおおうぅ!!??



testowatta.jpg

testomonku.jpg
注:この画像は合成です


ショックだぜ。

え?英語でもできるだろって?

それは違う、違うんだよ。

↑でも言っているように、言い回しが違う。言葉も違うのはかなり致命的。
というか過去問が日本語だったからひたすら日本語の問題を解いてきたわけで。

英語の問題の言い回しなんてわけがわからないわけで。

例をあげるとすれば、

ここ最近の努力のおかげで


「有理数」と言われればピンと来て、

RATIONAL NUMBERと言われたら(゚Д゚)ハァ?というわけである。

(↑同じ意味です)



というわけで、数学はぜんぜんダメでした。
haiboku.jpg




ちなみに、面接。(こっちも英語で焦った。日本語でくると思ったのに。)


「この選考に落ちたらどうされるおつもりですか?」という不合格フラグが立ちました。(マテ






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。