ハヤテのごとく!感想 第233話「Dearest」

執事は夢を見る
233title2_convert_20090723173321.jpg

夢の終わりを迎え、10年の時を経て。執事は出会う。

どんなに長い時間が経っても、見間違うはずがない
233title_convert_20090723172809.jpg

 







最近は極力ドカーーンと扉絵を載せるのは避けてたんですけどね。
今回は並べて見てみたかったので、載せてみました。

どうもこんにちはTOKIです。

こうして見てみると、圧巻ですね。
また、10年前の二人と今の二人の距離感が絶妙に感じます。

では、感想行きましょう。




233hayate_convert_20090723173008.jpg
何か―何か――何か―――何を?



何を、言えばいいのか。



何を、君に言わなければいけないのか。



233naniwo_convert_20090723173100.jpg
ただひたすら見つめ、ひたすら何かを言おうとするハヤテ


それにしてもでかいですよね。さすがアーたん。
でかいよなぁ...
でかすぎかもしれない。
っていうか一番でかいのかも...





.........もちろんアーたんの家の話ですよ?


他に何があるっていうんですか。これだからゆとりh(ry





そして、アテネが口を開く。


花畑に迷い込むクセでもあるのかしら?



「あ、やっぱり覚えていたんだ」と僕は思いました。
10年前も、迷い込んだからこそアテネと出会えたハヤテ。
それを思い出しての発言だと思いました。

「また、迷い込んだのね」的な感じで続けばなぁ...


233atene_convert_20090723172927.jpg
あの思い出は、あの日々は、10年の月日によって消え去っていた....



10って数字的には小さい数かもしれませんけど、
10年って結構長いと思います。
ハッキリ言って、僕は10年前の記憶なんて覚えている自信はありません(ぇ
5年前も危ういかもしr(ry




必死に思い出させようとするハヤテ。
だが、キッパリと知らないと言われる。

そしてここでマキナ登場。
庭に出たアテネを追ってきたらしい。


彼の名からアテネという言葉がでて、確信するハヤテ。
彼女は、アテネだと。


そして再び話しかけようt...


233uo_convert_20090723173127.jpg
233oudou_convert_20090723173112.jpg
王道バトル漫画展開!!!!!!!



ハヤテのごとく!という漫画のジャンルを忘れそうになる(マテ
まあでも、ハヤテのごとく!は何でもアリだし(ぇ



マキナ何気にカッコイイですね。
っていうか問答無用でいきなりキックですか。

執事としてなら、普通...なのか?
主人に危険を及ぼす可能性のあるものを排除したわけですし。
そう考えてみると、ハヤテってナギを無防備にしすぎな気がする。


ライバルフラグですね、わかります(ぇ

次に会ったときのハヤテのリベンジが楽しみです。
ええ、リベンジは確定ですよ。バトル漫画では(ちょ



233kabe_convert_20090723173036.jpg
閉ざされる扉。立ちはだかる10年の月日という名の壁。



完全に拒絶されたハヤテ。
そして冷静になる...


改めて感じる10年という重み


233hayate2_convert_20090723173022.jpg



忘れているのならば、その方が幸せなのかもしれない。
わざわざあの過去を、あの別れを思い出させる必要はない。



233e.jpg
自ら心の扉を閉ざし、壁を作るハヤテ...




10年という月日を経て...






あの出会いを、あの楽しかった日々を...






あの出来事を、あの別れを...







アテネは...








忘れるわけがなかった...忘れられなかった...

233atene2_convert_20090723172946.jpg


次に会うときは偶然か、はたまた運命か。
王玉を巡って、二人は再び相見える...


次回へ続く








今週のまとめ:

「ハヤテのごとく!はなんでもアリという回」


このシリアス展開。

こうも展開がガラっと変わるのはすごいですよね。
普段のハヤテのごとく!とのギャップに対して、良いという人もいれば、
反対の意見を持つ人もいます。


そして、僕はというと...


面白ければなんでもいいや\(* ̄▽ ̄)/(マテ


僕はこういうシリアス展開好きなので。
CLANNADも大好きですし。
バトル漫画も結構好き。

最初から僕にとってのハヤテのごとく!は
笑いあり、涙あり、バトルあり、エロあり、萌えあり。
何でもアリのすばらしい漫画」なので。
いろいろな要素を取り込んで、上手くブレンドされていると思います。

「展開がこんなにもガラっと変わるというのはどうか」いう考えもありますが、
それすらもハヤテのごとく!の楽しみの一つになるので。僕の場合。

どんな展開だろうと、
ハヤテのごとく!はハヤテのごとく!。
畑先生の納得のいく展開になればそれでいいと思います。


思わずなんかいろいろ書いてしまった...( ̄へ ̄|||)


BACKSTAGE感想:

233backstage.jpg
233toki.jpg

TOKIに8272491のダメージ!!
TOKIはジャンクとなった(ちょ



つい先週冬休みが終わったばかりにコレはキツイぜ(ぇ


20巻やキャラソン、そしてラジオ。
いろいろでてきてますね。
ラジオは聞いていますよ。
OGの略はOLD GIRLと思っていたが、オヤジギャグの略だったのか。知らなかった(ぇ


今週の話は一回読んだあと
最終ページのアテネを踏まえた上でもう一度読むと
それはそれでまた色々面白いかも。



もう一度読んでみたあとの感想:

KYマキナwwwwww(オイ



花畑に迷い込むクセでもあるのかしら?


このアーたんの発言。
どうしてもここだけは「本音」のような気がしてなりません。
それで、すぐに知らんぷり...
ツンデレさんだなあ、もう(ちょ



今週の一コマ:


233hitokoma_convert_20090724151844.jpg
反則です。レッドカードです。


最後にこんなの持ってくるなんて!!畑先生、最高ですwww

アーたんはなんというか...

色っぽいですね。



ヒナギク=カワイイ
マリアさん=美しい
アーたん=色っぽい


という連立方程式g(ry






トラックバック送信先感想:

夢紡ぎ 愛を求めて 幾星霜


花畑に迷い込むクセでもあるのかしら?

やっぱりこれは無意識にでた本音だと僕は思いました。
まあ、実際どうなのかは誰にもわかりませんが。

そういえばマキナってアテネのこと呼び捨てですね...
マキナとアテネの出会いも描かれたら面白そうだな...
アテネのごとk(ry


アテネにとってハヤテとの関係は複雑なんでしょうね。
やっぱり関係を終わらせたくなかったから、今はさっさと追い出したのでしょうか。
二度と来ないようにといいつつも、王玉を手に入れなければならないから、
いずれまた出会うことになりますよね...

僕も次回は一気に明るくなると思います。楽しみですね。





オマケ:


233hayate_convert_20090723173008.jpg
何か―何か――何か―――何を?
233naniwo_convert_20090723173100.jpg








.....................

anime11keturon.jpg


anime3shinpu.jpg
...エンドレスGWのフラグがt立ってません
anime10jito.jpg


スポンサーサイト

Comment

今週も、お疲れ様です!
それにしても相変わらず人が神出鬼没に登場する漫画ですな・・・
せっかくいいムードになる可能性があったのに!!笑

はぁーでも10年ですか。
そりゃあ長いですよね・・・あーたんだって大きくなるはz(ry
ごほん。
また来週からも楽しみですね!
あーたんのいい表情いただきました(笑)
Re: タイトルなし
Takiさん>

こんにちは。コメントありがとうございます!!

> 今週も、お疲れ様です!
> それにしても相変わらず人が神出鬼没に登場する漫画ですな・・・

執事には神出鬼没のライセンスがデフォルトでそなわっているのですw


> はぁーでも10年ですか。
> そりゃあ長いですよね・・・あーたんだって大きくなるはz(ry

見た目は変わっても中身というか性格はあまり変わってないように見えました。
そもそも十年前のアーたんが大人すぎたんですねw

> また来週からも楽しみですね!
> あーたんのいい表情いただきました(笑)

最後の指ちゅぱは反則ですよ。はいw
  • 2009/07/27 14:59
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハヤテのごとく! 第233話「消せない罪」
ルーターの調子が悪く、暫くの間ネットが使えませんでした。 今もまだ不安定なので、若干心配なのですが‥‥。   どんなに長い時間が経っ...
  • 2009/07/24 23:26
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。