ハヤテのごとく!感想 第277話「エンもユカリもこの場所で」


どうもこんばんはTOKIです。
今年のワールドカップはすごい盛り上がりますね。
日本決勝リーグ進出!
そしてイタリアとフランスはまさかの予選敗退。
誰がこれを予想できたというのか...

まあともかく今日の日記を書きましょうか。

277shinpu_convert_20100626191127.jpg
神父さんキターーーーーーーーー!!

続きからどうぞ




泉キャット騒動が終わり、一段落ついたハヤテたち。
そして屋敷では荷作りをする神父さんのすがたが。


277shinpu6_convert_20100626203222.jpg
ついていく気マンマン

荷作りて...この世界では幽霊は普通に物を持ったりできるんですね。


私はこう見えても...お前に取り憑いている悪霊だし...
277shinpu4.jpg
読者代表的な?(違

しかしやっぱりいいですね!
神父さんとハヤテの間の掛け合いがすげえ好きです。

ここで登場してきてくれたということは
新しい家になっても出番はでてくると。
下手すれば化け猫と手を組んでまた一騒動を(ぇ


277shinpu5_convert_20100626193643.jpg
具体的に言うと不幸体質

そういえば神父さんの未練ってなんなんでしょうね?
ハヤテに取り憑いているということはやっぱりハヤテが絡んでるのだろうか...
ともかく今後の神父さんの出番に期待したいです。
それはそれはもう読者代表としてまたいろいろと(マテ 


そして日中に再びムラサキノヤカタにやってきたナギたち。

277nagi1.jpg

そしてシラヌイと共に中を探検するナギ。
すげえワクワクしてる。
僕も引越しした時は必ず中を探検しました。
というか小さいころ引っ越しした時に一番最初にすることはかくれんぼでした(ちょ

ともかく探検してるうちにナギが見つけたのはTV。
今までは超特大テレビの5.1サラウンドでブルーレイも見放題だったが
これからはそうもいかない。

277nagi0.jpg


ナギにとってはやっぱり急な変化は大変ですよね。
特に豊かな生活から貧乏な生活への変化だと。
今までごく当たり前にあったものが突然なくなる。
それはとっても辛いことなのかもしれない。


277nagi2_convert_20100626191048.jpg
がんばれ、ナギ

この調子で徐々に慣れていってほしいですねー
だがしかし金のない生活をする気もない。


277nagi3_convert_20100626191059.jpg
あぁ、この設定まだ生きてたか...

ナギは英才教育受けてますからね。
株でやっていけるとはな...
僕には株なんてまったくもってさっぱりです(ぇ

そして当初の目的だった家賃収入。
277yasiki_convert_20100626191216.jpg


6部屋。
思ってたよりも大きいな、このやかた。
しかし最大の問題は果たして人が入ってくれるか

277heya_convert_20100626190927.jpg


何かウリがあればもしかしたら住んでくれるかもしれない。
ではこの家のウリとは何か。


277neko.jpg
ついでに化け猫も...これもウリにはならないか


どうにかウリを探し出そうとするナギ。
キシキシと鳴る階段。
お湯のでない蛇口。

だが畳は別にいいと思う。
むしろ外人とか好みそうだ。
ハヤテはともかくナギやマリアさんは数カ国の言語が喋れるのだから
別に外人の留学生とかをターゲットにしてもいいと思うよ。

あとこの家って位置的にどこなのだろう。
よく駅から徒歩1分とかそういうのをウリにしたりしますよね。
学生にとって学校が近くにあるのはすごいウリになると思う。

そして最終的にハヤテが言うこの家にしかないウリ。それは...
277chirasi_convert_20100626190920.jpg
さらにメイドさんもつけてくれ!!!!(マテ


確かに執事付きなら興味を持つかもしれない。
でも↑のように執事付きと出したらなんか「一部屋に執事が一人ずつ」という感じに見えなくもない。
そもそもハヤテはナギの執事なのにそんなことできるのか...?

果たして人は入ってきてくれるのか...


今週のまとめ:

「神父さん再登場の回」

今後の登場を期待せずにはいられない!!


BACKSTAGE感想:

21日は泉にコテツの誕生日。
24日は東宮君の誕生日という。
ついでに弟の誕生日もありました(ぇ
4×4のルービックキューブをせがまれました。

久々の神父さん登場で今後の展開がすげえ楽しみになってきた僕です。


今週の1コマ:

277hitokoma_convert_20100626190938.jpg


ああそうだよ。当然神父さんだよ。
しかしとても悪霊とは思えないさわやかさだなww





そろそろ混ぜろよ
anime11shinpu2.jpg


スポンサーサイト

Comment

TOKIさんのリィン神父愛、見せてもらいましたよ。
おのれハヤテ(ディケイド風に)、
リィン神父のフラグまで立てるとは…
羨ましすぎますよ。
リィン神父の未練、きっと幽霊になってからの未練の方が多いと思います。
Re: タイトルなし
花月さん>

> TOKIさんのリィン神父愛、見せてもらいましたよ。

これでもセーブした方でs(ry

> おのれハヤテ(ディケイド風に)、
> リィン神父のフラグまで立てるとは…
> 羨ましすぎますよ。

神父さんはメイドにしか興味がないはずだ。
...つまりハーマイオニーの姿で(マテ

> リィン神父の未練、きっと幽霊になってからの未練の方が多いと思います。

あぁ、そうかもしれないw
僕はまだ神父さんに消えて欲しくない...!!

コメントありがとうございました!!
  • 2010/06/29 19:30
  • TOKI.
  • URL
あまり他の作品の事をコメントに書くのは良いとは思いませんが、
他に書く機会がないので前の「true tears」についてのコメントの
続きを書かせていただきます。 甘えてすみません。 

「true tears」で眞一郎の母親が比呂美に対して最初冷たく当たっていた理由は、
劇中でのもろもろのセリフと行動から推測すると、
眞一郎の父親が比呂美の母親のことを好きだった、
もしくは眞一郎の母親はそういうふうに考えていたからだと思います。 
(もちろんそれ以外に眞一郎の父親が知らない、わだかまりがあった可能性はあるが)。
眞一郎の母親は、感情的な面のある女性で過去を引きずるタイプのようなので、
比呂美が家に来た後も過去のわだかまりをひきずっていたようです。
序盤の眞一郎の母親と父親との会話で、眞一郎の母親のセリフの裏に
「あの女の娘だから、あの娘に優しくするんじゃないの?」
という思いがあったと考えると、彼女の言動が説明しやすい。

それから眞一郎と比呂美が兄妹かもしれないと比呂美に言ったのは、
比呂美が家に来たことで過去のわだかまりが蘇ったから、
比呂美を少し動揺させてやろうと思って悪ふざけのつもりで言ったんだと思います。
比呂美が眞一郎に真剣な恋愛感情があるとはその時点では気付いていなかったようなので、
まさか比呂美がそのことをずっと本気にして悩み続けているとは思わなかったのでしょう。
だから第6話で比呂美がその事について、会話でふれた時、
眞一郎の母親は驚いた顔をしたんだと思います。 

そして第9話の事故の後、比呂美に対する態度が変わったのは、
自分が比呂美を強く追い込んでしまった事に気づき、過去にどのようなわだかまりがあれ、
わだかまりを抱く相手の娘であっても直接関係のない
比呂美にぶつけてしまったのは間違っていたと自分の態度を反省し、
自分なりの責任を果たそうと思ったからだと思います。 
眞一郎の母親は感情的な面も多く、きつい性格のように見えましたが、
少なくとも人としての良心と責任感は持ってたってことですね。
まあ.......主人公の母親が本当に酷い性格の作品
なんてそうそうあってほしくないですし.....。

.......以上が私の推理です。もちろんあくまでも推理ですが.....。 
でも作品について分からないことがあってもちゃんと考えればこの程度の推理はできる。 
漫画やアニメの内容について分からないことが
あってもそれをすぐに作品のせいにして、批判するのは遠慮してほしいものです。

P.S
第9話について前から思っていたことがあったので追伸、
第9話で比呂美が事故で停学になった時の
高校の女子バスケ部の部員達の比呂美に対する温かい気遣いをみて、
榊野学園(School Daysの舞台となる高校)の女子バスケ部とはえらい違いだな
と思いました。 あの学校は進学校らしいが実態は
腐りまくってますからねぇ.......。 
  • 2010/07/03 02:46
  • 語り部
  • URL
Re: タイトルなし
語り部さん>

> あまり他の作品の事をコメントに書くのは良いとは思いませんが、
> 他に書く機会がないので前の「true tears」についてのコメントの
> 続きを書かせていただきます。 甘えてすみません。 

いえ、別に構いませんよ。
ついでに記事についてのコメントも書いてくれるとうれしいですw

> 「true tears」で眞一郎の母親が比呂美に対して最初冷たく当たっていた理由は、
> 劇中でのもろもろのセリフと行動から推測すると、
> 眞一郎の父親が比呂美の母親のことを好きだった、
> もしくは眞一郎の母親はそういうふうに考えていたからだと思います。 
> (もちろんそれ以外に眞一郎の父親が知らない、わだかまりがあった可能性はあるが)。
> 眞一郎の母親は、感情的な面のある女性で過去を引きずるタイプのようなので、
> 比呂美が家に来た後も過去のわだかまりをひきずっていたようです。
> 序盤の眞一郎の母親と父親との会話で、眞一郎の母親のセリフの裏に
> 「あの女の娘だから、あの娘に優しくするんじゃないの?」
> という思いがあったと考えると、彼女の言動が説明しやすい。

やっぱりそういう裏の事情があったのかもしれませんね。
明らかに比呂美のことを良く思ってなさそうでしたし。

> それから眞一郎と比呂美が兄妹かもしれないと比呂美に言ったのは、
> 比呂美が家に来たことで過去のわだかまりが蘇ったから、
> 比呂美を少し動揺させてやろうと思って悪ふざけのつもりで言ったんだと思います。
> 比呂美が眞一郎に真剣な恋愛感情があるとはその時点では気付いていなかったようなので、
> まさか比呂美がそのことをずっと本気にして悩み続けているとは思わなかったのでしょう。
> だから第6話で比呂美がその事について、会話でふれた時、
> 眞一郎の母親は驚いた顔をしたんだと思います。 

ちょっとしたいじわるのつもりだったのかもしれませんね。
僕も兄弟かもしれないと知ったときは驚いて混乱しました。

> そして第9話の事故の後、比呂美に対する態度が変わったのは、
> 自分が比呂美を強く追い込んでしまった事に気づき、過去にどのようなわだかまりがあれ、
> わだかまりを抱く相手の娘であっても直接関係のない
> 比呂美にぶつけてしまったのは間違っていたと自分の態度を反省し、
> 自分なりの責任を果たそうと思ったからだと思います。 
> 眞一郎の母親は感情的な面も多く、きつい性格のように見えましたが、
> 少なくとも人としての良心と責任感は持ってたってことですね。
> まあ.......主人公の母親が本当に酷い性格の作品
> なんてそうそうあってほしくないですし.....。

まあ、ハヤテのごとく!はその一つですがw

> .......以上が私の推理です。もちろんあくまでも推理ですが.....。 
> でも作品について分からないことがあってもちゃんと考えればこの程度の推理はできる。 
> 漫画やアニメの内容について分からないことが
> あってもそれをすぐに作品のせいにして、批判するのは遠慮してほしいものです。

見直したり、よーく考察すればわかることってありますよね。
まあでもアニメやマンガの類はあまり考える必要のない、
シンプルに楽しめるものが好まれるとも思います。

> P.S
> 第9話について前から思っていたことがあったので追伸、
> 第9話で比呂美が事故で停学になった時の
> 高校の女子バスケ部の部員達の比呂美に対する温かい気遣いをみて、
> 榊野学園(School Daysの舞台となる高校)の女子バスケ部とはえらい違いだな
> と思いました。 あの学校は進学校らしいが実態は
> 腐りまくってますからねぇ.......。 

あの作品のバスケ部は最悪ですからね...
思い出すのもイヤになります。
偶然ですがついこの前友人にSchool Daysを見せる機会がありました。
その友人は元々あまりアニメは見ない方だったんですが
見せ始めたら気に入ったのか一気に全話見ました(ぇ
初めてヤンデレというものを知ったみたいですw

コメントありがとうございました!!!
  • 2010/07/03 23:06
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハヤテのごとく!第277話「エンもユカリもこの場所で」感想
なんだかんだあって化け猫騒動を解決したハヤテ。 その後ナギに懲らしめられ散々だったものの ムラサキノヤカタでの新生活を行えるくらいの...
  • 2010/06/28 09:28
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。