ハヤテのごとく!感想 第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」

どうもこんばんはTOKIです。
来週あたりには夏季アニメ総括感想をしたい。
秋季アニメ感想もまとめてやれれば...

ちなみに今日は実力試験で2位だった
愛歌さんの誕生日だったり。おめでとうございます

anime23aika5.jpg
ラブ師匠、今頃何をしているのやら。

では今週の感想は続きから。



291nagi_convert_20101008172536.jpg
その目にはもう何も映らない

自分の夢はもう叶わないものだと自分の中で決めつけ、諦めかけているナギ。
今までの支えが突然消え去り、生きている意味がわからなくなる。
なんというか、今週のナギはすっっげえ重いです。
まあ予想していたことではあるんですけど。

一方ハヤテはムラサキノヤカタに残っていた家具を外に運び出していた。

前の住人と連絡がとれない?
291hayate.jpg
まあ化け猫が住み着くくらいだし...

特に不自然というわけでもない。
でも何故本棚に「黒魔術」とか「よくわかる現代魔法」とか「世界魔法大全」だとか
そっち関連の本が並んでいたのか...
っていうか何気に監視されているハヤテたち。


291haru_convert_20101008172309.jpg
そして今度は自分の夢がなくなりつつある

何もかもなくなってしまったナギ。
まだ自分には何か残されているのだろうか。
まだ自分には生きている意味があるのだろうか。
13歳にしてそんな考えに陥ってしまうとはな。
まだ幼いのにこんなにも悩む姿を見てなんか某魔法先生を思い出した。
今は10歳で世界を救おうとしているというね。

そしてついに現れたナギ
291nagi2.jpg


v13hayateaprilfool.jpg

ナギの口からこんなセリフが聞けるなんてな...!
こいつはよっぽど重症だな。
まあしかし、良いことではあるのだが。
ナギの今の状態はもちろん良くないが...

そして舞台は久しぶりの白皇学院。


291yukiji_convert_20101008172551.jpg

雪路さん...まるで教師みたいなことを言いますね?
だから今日はエイプリルフールじゃないと(ry

美希がびっくりして震えてるじゃないか。かわいいからもっとやれ
美希にしてみれば本気で「次回提出」なんて冗談だと思ったんだろうな。

しかし久しぶりの登場のせいか
一瞬「だれこのカワイイ人!?」と驚いてしまった僕をお許しください。
なんか雪路かわいいと思った。その後お馴染みの「ふぇっ?」も聞けたし。

291miki_convert_20101008172502.jpg
まあ疑問に思うのも無理はない

キチンと登校した上キチンとレポートも提出するという
まるで普通の真面目な学生じゃないか。
そんなナギちゃんはナギちゃんじゃないと言いたい3人組...というか美希と理沙ちん。

問い詰められたハヤテは3人に逆に問い返す。
291hayate2_convert_20101008172336.jpg
ひ、ひでぇ...

いきなりこんなこと言われれば誰だって傷つくと思うよ...
ハヤテは相変わらず言葉の選び方に成長が見られない。

自信が喪失しているナギの前に実力試験の結果が。
1位 桂ヒナギク ですよねー
2位 霞愛歌 ラブ師匠さすがです
3位 鷺ノ宮伊澄 ちょ、マジで!?

伊澄さんすげえ。いや成績良いとはわかってたけど
まさか3位になるほどとは。

そしてナギは...10位

僕にしてみればTOP10は快挙ですよ。快挙。

291nagi3.jpg
さすが天才は言うことが違う

前のナギだったらたとえ10位だとしてもきっと気にしなかっただろうに...
結局試験の結果は逆効果。落ち込み続けるナギ。


291risa.jpg
理沙ちん今すごくイイコト言った!

そのあとのヒナさんの登場で説得力0になってしまったがな!!!
頭脳明晰、運動神経抜群、完全無敵の白皇学院生徒会長、桂ヒナギク。
何気にナギの憧れの存在でもあるヒナさん。
剣道部に一時期入っていたのもそれが理由だったしね。

291hina_convert_20101008172405.jpg
懐かしい剣道部の設定(ちょ

個人的にはもっと剣道部の話が見たいです。
もういっそのことスピンオフかなんかでヒナギクが主人公の剣道部のお話を。
畑先生が剣道を詳しく知っているかはわからないけど
たとえまったく知らなかったとしても大丈夫だ、問題ない。
ルールを知らないのにビーチバレーの話を描けた畑先生なら!

ヒナギクはなんでもできる。
だからヒナギクには、今の自分の気持ちがわからないんじゃないか。
そう思うナギ。

けど。

291hina2_convert_20101008172446.jpg
思うように出来ない事だって...いっぱいあるんだから...!!

あのヒナギクだってそう。
最初からなんでもできるわけじゃない。
みな努力して、何かを成し遂げる。
もちろんその成果を出すための努力の量はそれぞれ違うかもしれない。
けれど、努力をしなければ誰だって何もできない。
自分から行動しなければ、何も起きない。何も得られない。

それでも...自分には無理だ。
自分には夢を叶えることができない。
どんどん落ち込んで行くナギ。

そんなナギの前に現れるは春風千桜。
今のナギに。自信を失くしてしまったナギの前に一冊の同人誌を見せる。
前にナギが笑い飛ばした同人誌。


291nagi4.jpg
バッサリ

今のナギが見直してもまだ勝ってると言われる同人誌。中身が気になる。
まだまだ元気だと判断した千桜さんはナギにあることを頼む。

ちょうど人手が足りないんだ。明日ちょっと手伝ってくれ
291haru2_convert_20101008172323.jpg



ついに来週ルカと出会うのだろうか。



今週のまとめ:

「自分の生きている価値をちょっと考えてしまいそうになる回」

...うわああああ何も思いつかな(ry


BACKSTAGE感想:

10月19日は僕の誕生日ですよ?

10月16日は俺の妹の誕生日ですよ?
oreimo1kyousuke.jpg
...だから?

とりあえず来週は巻頭カラー。
一応、六周年記念ってことで。
人気投票とかもあるみたいなので
どうぞよろしくお願いします。


来週は6周年記念ですか。
ということは5周年記念からもう1年経つんですね(当たり前
さて今回の人気投票で1位が何をしてくれるのやら。
前回がアレだっただけに期待してしまうよ。

思い出させないでくれる?
anime18hina4.jpg
あ、はい。すいませんでした


今週の1コマ:

291hitokoma_convert_20101008172452.jpg
これで。今週の雪路はすげえカワイイと思ったんだよ。
もしかしたら雪路にときめいたのはこれが初めてかもしれないくらいに。





夏季アニメが終わってから数週間経つが大丈夫か?




スポンサーサイト

Comment

いつものお礼です
本題の前に289話のコメントの返信についてですが、
TOKIさんは自分のサイトについて「読んでくれている人たちのことをそれほど考えれていない。」
と言いましたが、TOKIさんは私たちのコメントに対して
いつも必ず返信を書いてくれています。 
その事について私はとても感謝していますよ。 

だから私は「ハヤテのごとく!」はそれほど長く読んでいないけど
このサイトにはよくコメントを書いているんです。 
他のサイトでコメントを書いても、なかなか返信を書いてもらえなかったり、
長いコメントを書いてもあっさりとした返信しかもらえなかったりします。 
だからいつも返信をしていただけるのは嬉しいです。
それに私が勧めたひぐらしの「you」について取り上げてくれたのも嬉しかったです。
それから記事とあまり関係ないことをコメントに書いても
返信して頂けるのも色々書きやすくてありがたいです。 

記事の更新やコメントの返信は遅くなりすぎなければ私はかまわないから、
焦らずじっくりやってください。 
贅沢を言わせてもらえるなら、
コメントの返信に書くことの量を増やしてもらえたらとても嬉しいです。

  • 2010/10/10 01:19
  • 語り部
  • URL
今期アニメの感想をそろそろ書き始めるんですね。
それにしても今期のアニメが始まる中、そんな次期に終わったバトスピ少年撃覇ダンは
前期の部類の方に入るのでしょうか?
それとも今期に含まれるのでしょうか?
他人(ひと)の妹をみて、我が妹を思う
すみません、すみません。 タイトルの「の」がひとつ多かったです。
お手数ですが前のコメントは消してください。

本題、今季のアニメについてです。
記事が出来るまで待とうとも思ったんですが
言いたいことを貯め込んでいるのがいやなので失礼して、
一足先にコメントを書かせていただきます。 
とりあえず「妹萌え」と言うか、「兄妹萌え」の気がある私としては、
まずは「ヨスガノソラ」に注目ですね。 
あんなに可愛い兄妹の近親愛が見られるなんてたまりません。 

他に兄妹がメインの作品として「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
(以下、長いので俺妹)も今季はありますね。 
原作の噂はネット上で時々聞いています。
「ヨスガノソラ」の悠と穹、春日野兄妹は異常に距離感が近いのにたいして、
「俺妹」の京介と桐乃、高坂兄妹はありふれた思春期の兄妹らしく、
微妙な距離感がありますね。(やや気まずさがすぎる気もしますが)

思春期で年の近い兄妹は多少の距離感があるのが一般的な気もしますし、
そこからの変化がこれから描かれていくのでしょう。 
アニメの兄妹が妙に仲がいいパターンが多いのは多分私たちの様な者の
願望と需要を反映しているのでしょう。
そのなかでこういう微妙な関係の兄妹がメインの作品は珍しくておもしろいかもしれません。 
(後、妹の方がオタクなのも珍しいですが) 

でも桐乃の「現実で兄の事を好きな妹なんかいるわけないでしょ!」
と言う発言は頑固な私としては、全力で否定したいところです。 
.........と言ったものの、私の交友関係は正直あまり広くないし、
私自身の妹は思春期をすぎるところですし、家をでている。 
どうしたら否定を証明できるかすぐには方法が思いつきせん。
うーん......どうしましょう。

まあそんなことを考えてしまったりと
「俺妹」を見ていると高坂兄妹と、私と私の妹では全然性格とか家庭環境とか違うんですが、
微妙な距離感が描かれているせいか、自分と妹の関係について悩んでしまいました。 
まあそういう自分の妹の事をじっと考え込んでいると「ヨスガノソラ」の方を楽しめない気がするし、
「俺妹」の方は今期に見るのはもったいないけどやめて、
「ヨスガノソラ」の視聴を優先しようと思います。

PS. 「俺妹」の原作者に妹はいないらしいですよ。
  • 2010/10/11 15:41
  • 語り部
  • URL
私と妹の話です
上のコメントの続きです。

上のコメントに書いたとおり、私は自分と自分の妹の関係について考えてみました。 
思えば私はこの年(20歳以上25歳未満)になってから、
妹のことが再び強く気になるようになりました。 

それは上のコメントに書いたような兄妹キャラを扱った作品の影響以外に、
5年前から自分のゆくべき先に悩んでいるが故の、人恋しさのせいかもしれません。
そういう関心の持ち方は本来あまり好ましい事ではないとも思いますが、
それだけ色々と今でも悩んでいるのでそこは許してほしいです。

まあ.......経緯はともかくこの年になって改めて
自分と妹の関係について考えてみると、不満も色々とありますが、
自分は恵まれている方なのかもしれないという事を思うようになりました。
私の妹はそれなりには可愛いし。朝妹を起こしに行ったことはあっても
妹に朝起こしてもらったことはないけど、私は起こしに行くのが嫌ではなかった。
一緒に同じ漫画やアニメを見たり、それなりに会話が多かった時期もあるし、
今では疎遠になったものの決して険悪でない。 比較的仲の良い方だったと思う。 
現実の妹なんていらないと言う人もいるかもしれないが、
私はそんなことを思ったことは一度もない。 

だけど昔の私は周りが見えず、無知で愚かだったから、
自分が恵まれていることに気がつかなかった。 
もっと妹に対してよい兄でいることも、
成長した後ももっと仲の良い兄妹でいることも可能性はあったとおもいます。
それなのに私はどうしてもっと努力しなかったのか? 
昔の事を懐かしみ、そうやって後悔していると、
私はたまらなく自分のことが憎らしくなってきます。
人間関係の構築の失敗は妹に対して以外にもたくさん覚えがありますが、
妹に対しては特に後悔を感じます。

「人は失って初めて、失った物の大切さに気付く」という話は良く聞きますが、
それ思うと運命に怒りを感じることも少なくありません。
失わせるなら、何故大切だと気づかせるのか?
大切だと気づかせるなら、何故失わせるのか?
そんなことを思います.......。
ああっ........。 妹にじゃれつけた頃が懐かしい......。

 色々とお見苦しいコメントを書いて失礼しました。

PS.妹は高校を卒業した後、髪を茶髪にしてしまいました。
私は黒髪の方が愛着があって好きだったんですが.....。
TOKIさんは黒髪と茶髪、どっちが好きですか?
今回は身内の思い出話になってすみません。
こういう話はどこですれば良いのか分からなかったんです。
  • 2010/10/11 16:30
  • 語り部
  • URL
Re: いつものお礼です
語り部さん>

> 本題の前に289話のコメントの返信についてですが、
> TOKIさんは自分のサイトについて「読んでくれている人たちのことをそれほど考えれていない。」
> と言いましたが、TOKIさんは私たちのコメントに対して
> いつも必ず返信を書いてくれています。 
> その事について私はとても感謝していますよ。 

コメント返信は管理人として当たり前のことだと
思ってますのでキチンとやります。
けど記事の内容はあまり考えずに
自分の書きたいことを書いてるだけの場合が多いので...

> だから私は「ハヤテのごとく!」はそれほど長く読んでいないけど
> このサイトにはよくコメントを書いているんです。 
> 他のサイトでコメントを書いても、なかなか返信を書いてもらえなかったり、
> 長いコメントを書いてもあっさりとした返信しかもらえなかったりします。 
> だからいつも返信をしていただけるのは嬉しいです。
> それに私が勧めたひぐらしの「you」について取り上げてくれたのも嬉しかったです。
> それから記事とあまり関係ないことをコメントに書いても
> 返信して頂けるのも色々書きやすくてありがたいです。 

ああ、そういえば...懐かしいです。
語り部さんのコメントがきっかけで
再びひぐらしにハマった部分もありました。
ゲーム(DS)も3巻までクリアして
今まで謎だった部分を知ることができました。
アニメは途中で見るのをやめてしまったので。
ちなみに4巻はまだ買っていないのでプレイしていません...

> 記事の更新やコメントの返信は遅くなりすぎなければ私はかまわないから、
> 焦らずじっくりやってください。 
> 贅沢を言わせてもらえるなら、
> コメントの返信に書くことの量を増やしてもらえたらとても嬉しいです。

ありがとうございます。
そうですね...もう少しいろいろ返事を書けるようがんばってみます。

コメントありがとうございました!!!

  • 2010/10/11 20:36
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
花月さん>

> 今期アニメの感想をそろそろ書き始めるんですね。

はい!
かなり遅れてますが書きます。

> それにしても今期のアニメが始まる中、そんな次期に終わったバトスピ少年撃覇ダンは
> 前期の部類の方に入るのでしょうか?
> それとも今期に含まれるのでしょうか?

たぶんカテゴリとしては前期に分類されるんでしょうけど
ブログ記事などで評価される時は今期終わったアニメとして...でしょうね。
少しややこしいかもしれませんw

コメントありがとうございました!!
  • 2010/10/11 20:44
  • TOKI.
  • URL
Re: 他人(ひと)の妹をみて、我が妹を思う
語り部さん>

> すみません、すみません。 タイトルの「の」がひとつ多かったです。
> お手数ですが前のコメントは消してください。

はい、削除させていただきました。

> 本題、今季のアニメについてです。
> 記事が出来るまで待とうとも思ったんですが
> 言いたいことを貯め込んでいるのがいやなので失礼して、
> 一足先にコメントを書かせていただきます。 

あ、はい。どうぞ。
記事はまだですがアニメはもう見終わってるので大丈夫ですよ。

> とりあえず「妹萌え」と言うか、「兄妹萌え」の気がある私としては、
> まずは「ヨスガノソラ」に注目ですね。 
> あんなに可愛い兄妹の近親愛が見られるなんてたまりません。 

穹かわいいよ穹。
それと妹以外にもいろんなキャラとフラグを立てまくった主人公が印象的でした。
でも明らかに妹と結ばれるお話に見えますね。

> 他に兄妹がメインの作品として「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
> (以下、長いので俺妹)も今季はありますね。 
> 原作の噂はネット上で時々聞いています。
> 「ヨスガノソラ」の悠と穹、春日野兄妹は異常に距離感が近いのにたいして、
> 「俺妹」の京介と桐乃、高坂兄妹はありふれた思春期の兄妹らしく、
> 微妙な距離感がありますね。(やや気まずさがすぎる気もしますが)

俺妹は原作は読んでいて、アニメ化されると知ったときはうれしかったです。
確かに春日野兄妹と高坂兄妹は対称的ですね。
でも年齢を考えればどちらも歳相応の距離感に見える。
特に高坂兄妹の方はどちらかというと妹が一方的に兄を嫌う描写が多いですね。
タイトルはああですが兄が妹のことを好きじゃないなんてありえな(ry

> 思春期で年の近い兄妹は多少の距離感があるのが一般的な気もしますし、
> そこからの変化がこれから描かれていくのでしょう。 
> アニメの兄妹が妙に仲がいいパターンが多いのは多分私たちの様な者の
> 願望と需要を反映しているのでしょう。
> そのなかでこういう微妙な関係の兄妹がメインの作品は珍しくておもしろいかもしれません。 
> (後、妹の方がオタクなのも珍しいですが) 

兄妹が仲が良いのはやっぱり妹を持つ兄たちにとっての理想なんでしょうね。
僕にも妹がいるのでよくわかります。まだ10歳ですが
もう少し大きくなって反抗期にでもなったら...想像したくない。
俺妹では妹がオタクですがやっぱりどちらかというと
兄の方がオタクである場合が多いんですかね。もしくは二人ともオタク。

> でも桐乃の「現実で兄の事を好きな妹なんかいるわけないでしょ!」
> と言う発言は頑固な私としては、全力で否定したいところです。 
> .........と言ったものの、私の交友関係は正直あまり広くないし、
> 私自身の妹は思春期をすぎるところですし、家をでている。 
> どうしたら否定を証明できるかすぐには方法が思いつきせん。
> うーん......どうしましょう。

現実で妹の事を好きな兄はここにいr(ry
自分の場合、妹が僕の事をどう思ってるかは知りませんが
少なくとも嫌われてはいないと思う...たぶん...きっと。
そういえば僕の友人にも妹がいますがその友人は妹とよく喧嘩してます。
喧嘩するほど仲が良いともいえます。

> まあそんなことを考えてしまったりと
> 「俺妹」を見ていると高坂兄妹と、私と私の妹では全然性格とか家庭環境とか違うんですが、
> 微妙な距離感が描かれているせいか、自分と妹の関係について悩んでしまいました。 

確かに妹がいる人はこのアニメを見て
自分と妹の関係を見直してしまうことがあるかもしれません。
僕も今年一人暮らしを始めてから妹と会ってません。一回帰省しましたが。

> まあそういう自分の妹の事をじっと考え込んでいると「ヨスガノソラ」の方を楽しめない気がするし、
> 「俺妹」の方は今期に見るのはもったいないけどやめて、
> 「ヨスガノソラ」の視聴を優先しようと思います。

そうですか。
僕はできれば両方視聴し続けたいんですけどね。
どちらも面白かったので。


> PS. 「俺妹」の原作者に妹はいないらしいですよ。

マジで!?
妹がいないのにあんな妹を創造してしまうのか...
いやむしろいないからこそ...なのか。

コメントありがとうございました!!!

  • 2010/10/11 21:01
  • TOKI.
  • URL
Re: 私と妹の話です
語り部さん>

> 上のコメントの続きです。
>
> 上のコメントに書いたとおり、私は自分と自分の妹の関係について考えてみました。 
> 思えば私はこの年(20歳以上25歳未満)になってから、
> 妹のことが再び強く気になるようになりました。 

兄にとって妹という存在はかけがえのないものですよね。
僕もこのコメントを読んで自分の妹のことを思い出したりしてます。

> それは上のコメントに書いたような兄妹キャラを扱った作品の影響以外に、
> 5年前から自分のゆくべき先に悩んでいるが故の、人恋しさのせいかもしれません。
> そういう関心の持ち方は本来あまり好ましい事ではないとも思いますが、
> それだけ色々と今でも悩んでいるのでそこは許してほしいです。

今年一人暮らしを始めて生活がガラっと変わりましたが
その一つが「寂しさ」なのかもしれません。
あまりホームシックにかかることはありませんが
まったくかからないなんてことはありませんでしたね。

> まあ.......経緯はともかくこの年になって改めて
> 自分と妹の関係について考えてみると、不満も色々とありますが、
> 自分は恵まれている方なのかもしれないという事を思うようになりました。
> 私の妹はそれなりには可愛いし。朝妹を起こしに行ったことはあっても
> 妹に朝起こしてもらったことはないけど、私は起こしに行くのが嫌ではなかった。
> 一緒に同じ漫画やアニメを見たり、それなりに会話が多かった時期もあるし、
> 今では疎遠になったものの決して険悪でない。 比較的仲の良い方だったと思う。 
> 現実の妹なんていらないと言う人もいるかもしれないが、
> 私はそんなことを思ったことは一度もない。 

前のコメントでも書きましたが僕にも妹がいます。
歳も離れていて、妹が生まれた瞬間から一緒に育ちました。
歳が離れているせいで一緒に漫画を読むとかアニメを見ることはありませんでしたね。
まあ喧嘩もすることはありませんでした。
それと朝起こしにくるのはいつも妹の方だったんですけど、(妹は早起きできる子)
起こしにくると言っても部屋に入ることはなく、部屋の外から「朝!」と一言だけです。

たとえ歳が離れていても、いや離れているからこそ
妹なんていらなかったと思ったことはないし、
むしろいてよかったと思っています。

> だけど昔の私は周りが見えず、無知で愚かだったから、
> 自分が恵まれていることに気がつかなかった。 
> もっと妹に対してよい兄でいることも、
> 成長した後ももっと仲の良い兄妹でいることも可能性はあったとおもいます。
> それなのに私はどうしてもっと努力しなかったのか? 
> 昔の事を懐かしみ、そうやって後悔していると、
> 私はたまらなく自分のことが憎らしくなってきます。
> 人間関係の構築の失敗は妹に対して以外にもたくさん覚えがありますが、
> 妹に対しては特に後悔を感じます。

妹がいるという事実に自分は恵まれていると気づいたのは
少し前のことでした。かといって何かやったわけでもないんですけど。
今からでももう少し仲良くなろうと努力するべきなんでしょうね。

> 「人は失って初めて、失った物の大切さに気付く」という話は良く聞きますが、
> それ思うと運命に怒りを感じることも少なくありません。
> 失わせるなら、何故大切だと気づかせるのか?
> 大切だと気づかせるなら、何故失わせるのか?
> そんなことを思います.......。
> ああっ........。 妹にじゃれつけた頃が懐かしい......。

「人は失って初めて、失った物の大切さに気付く」
そのことに最初気づけたのは自分のMP3プレイヤーがぶっ壊れた時ですね。
「物」でよかったと思っています。まだ取り返しがつくかもしれませんから。
けれど取り返せないものも存在する。
自分はまだまだ20歳にもなってない子供ですけど
それでも自分の短い人生の中で後悔したことはあります。
けれどその「後悔」を今度は「糧」にしたいと今は思ってます。

>  色々とお見苦しいコメントを書いて失礼しました。

いえ、ぜんぜん構いませんよ。
いつもコメントありがとうございます!!!

> PS.妹は高校を卒業した後、髪を茶髪にしてしまいました。
> 私は黒髪の方が愛着があって好きだったんですが.....。
> TOKIさんは黒髪と茶髪、どっちが好きですか?
> 今回は身内の思い出話になってすみません。
> こういう話はどこですれば良いのか分からなかったんです。

僕もどちらかと言えば黒髪の方が好きです。その方が日本人らしいというか。
でも茶髪が似合っていればそれでも構わないという程度です。
  • 2010/10/11 21:26
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハヤテのごとく!第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」感想
人気マンガ家の足橋先生の生の原稿を見て自信喪失をしてしまい さらに自分の実力不足を通巻してしまっている時に ちょっとしたことで足橋先...
  • 2010/10/10 11:01
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。