2012年 冬季アニメ感想

どうもこんばんはTOKIです。
2012年夏季アニメ感想。
かなり遅れてしまった...

まあともかく今期見た作品はこちら:


ブラック★ロックシューター
パパの言うことを聞きなさい!
妖狐×僕SS
Another
あの夏で待ってる
アマガミSS+
輪廻のラグランジェ
戦姫絶唱シンフォギア
男子高校生の日常
新テニスの王子様
ゼロの使い魔F
偽物語
ハイスクールD×D


続きからどうぞ


brs1title.jpg
ブラックロックシューターどこへーいったのー★


他と比べて遅れ目に始まったB★RS。
中学生になったばかりのマト。
そこで出会ったメガネの少女小鳥遊黄泉。
少女たちの百合友情の物語。

初音ミクがアニメの主題歌を歌ったのって初めてなんじゃないだろうか。
物語もサブタイも歌詞とシンクロしているだろうからよく聞いておこう...

小鳥遊はカタナシって読むんだよっ!バイト先に同じ名字のミニコンがいるもんっ!
brs1mato.jpg
え...?

小鳥遊ってアニメではよく見かける苗字だけど
小鳥が遊ぶ場所には鷹がいないから「たかなし」と読むその由来は初めて聞いた気がする。


現実世界と幻想世界(?)の展開が平行に進んでいたんだけど
幻想世界の方は未だによくわからないな...たぶんこれから繋がっていくんだろうけど
とりあえずブラック★ロックシューターが頑丈すぎて笑った。



papa1title.jpg

SQの漫画連載であらすじはちょっとだけ知ってる。
原作は迷い猫オーバーラン!の作者と同じ人。
なので扱っているテーマが似ていて何気に重かったりする...

お姉さんはお星様になっちゃったし。
漫画で知っていたから
そんなにショックは受けずにすんだけど
アニメから入った人はびっくりしたと思う。

血の繋がりなんかどうでもいい
家族は一緒にいなきゃダメなんだっ!

papa2yuta.jpg

みんなバラバラになってしまう。
それを防ぐため、3人共引き取ると言い出す主人公。
はたして20歳前の主人公がそんなことができるのか。

ダイキチさんでさえ一人引き取るのにあんなに苦労してたのに
まだ大学生のゆうたがそんなことできるのか!?できるのか!?
乙女姉さーん早く来てくれー

いろいろと不安は残るが
主人公と3人の美少女たちの同棲生活はどうなるか。

アットホームなテーマを扱っているけど
はたから見れば見事なロリアニメでもある。
20歳前からおじさんと呼ばれながらも
こんな可愛い美幼女たちにかこまれるおじさん羨ましいです。

ツンデレ姉にいたずらっ子なみうちゃんにひなちゃん。
ひなちゃんはペドになるのだろうか。どうでもいいですね。



inuboku1title.jpg

ヒロイン:白鬼院凜々蝶 CV:日高里菜
inuboku1ririchiyo.jpg

素直になれずつい虚勢を張って悪態をついてしまう損な性格。
決め台詞は「またつまらぬ悪態をついてしまった」(違
一人になるため先祖返りが集う妖館に。


犬:御狐神双熾 CV:中村悠一
inuboku1miketu.jpg

りりちよ様のためだけに存在するりりちよ様だけのSS(シークレットサービス)。
忠実すぎるがゆえに主からはドン引きされる。
俺の第一印象:怖い何この人怖い

先祖が妖怪と交じりその妖怪の血を濃く受け継いた者を先祖返りと呼ぶ。
その先祖返りが集う妖館で出会う二人。
リクオのような人たちばっかりなんだね。

途中ではさまる小ネタやギャグも良いし面白かった。

りりちよ様が可愛すぎて悪態をつかれたい
inuboku3ririchiyo.jpg
あとりりちよ様メールだとすごい丁寧で笑った。



another1title_convert_20120130174854.jpg

zonbi1ayumu5.jpg
怖い怖い怖い怖い怖い


いきなり怪談で始まるなんて!
そこで話終わってよ!続くなよ!

keionn2mio.jpg
いいじゃないかイイ話で終わっても!それじゃ物語にならんだろーが

俺の一番苦手なジャンル...
怖い...でも見ちゃう(ガクブル

なんか田舎が舞台だとホラー系多いよね...
ひぐらしとかおおかみかくしとか屍鬼とか...

対策係ってなんだ...
クラスメイトがみんな怪しいよぉ...
死に一番近いクラスってなんだよ...

クラスメイトたちはみさきさんと話すことが
気に食わないのだろうか...

見えてるのがあなただけだとしたら?
another3misaki_convert_20120130174903.jpg

うわああああああああああああああああああ
怖いよぉ...怖いよぉ...

そして初の死亡者が...
杏子ちゃんがマミられた




anonatu2title.jpg
いきなりなんだああああああああああ!?

UFO!?隕石!?
主人公死んだ!?

ab7hinata3.jpg
てか夢!?夢オチなの!?
いや、夢だけど夢じゃなかった!?


という感じに冒頭だけで暴走混乱状態に陥らせてくれた第一話。

撮影と妄想好きの主人公と炎髪赤髪が目立つ少女のボーイミーツガールストーリー。

一目惚れして
映画撮影に誘って
家に泊めて
しかも最後はキスしちゃうなんて...怒涛の展開すぎだろ!
anonatu1kiss_convert_20120130172743.jpg

姉が海外出張でいなくなり
実質上二人きりで生活することになった人たち。

なんかこの作品もいろいろと一方通行な恋模様の様子...

青髪ちゃんが地味にかわいいぞ 
anonatu3kanna.jpg




amagami21title.jpg

もう一つのSS作品。

ど、どどど、どうなってるんだ...これは...
amagami21jyunichi.jpg
それはこっちのセリフだ変態紳士


というわけでいきなり夢のシチュエーションから始まりました
超ニヤニヤアニメアマガミSS+。

1期は付き合うまでの過程だけど
2期は完全に付き合っている状態からのスタート。
つまりイチャラブを見て主人公爆発しろと思いながら見ていくアニメ。

面白いしすごくイヤニヤできるんだけど
終わってしまったあとの虚脱感がはんぱない。
心がポッキリ折られる気持ちに。
だがしかしやっぱり面白いので見る。

2期は1期のラストだった裏表のないステキな綾辻さんパートから。
ということは今回のラストはラブリー先輩なのかな

そして今回は生徒会選挙の話。
綾辻さん以外にも副会長に橘純一を指名する人が現れ
相手の揺さぶりに戸惑いまくる橘へんt...先輩。
だがしかし綾辻さんは物ともせず。さすがです。
というか2話構成だったので早くも決着がつき綾辻さんが生徒会長に。

そして...
amagami22jyunichi.jpg

夢が正夢になっただとぉおおおおおおおお!?
amagami20a.jpg
羨ましすぎるぞ橘ああああああああああああああ


うるさいわよ
amagami22ayatuji.jpg
ごめんなさい

今回は専用EDないのか?




rinnne1title.jpg
まるっ○!

まどか、私と同志になってロボットに乗ってよ
rinnne2ran.jpg

謎の少女に頼られるがままロボットに乗り見事な初勝利を飾った主人公。
ジャージ部という謎の部活動か何か知らないけど
もう少し考えてから行動してもいいんじゃないかと...
まあそんな行き当たりばったりなところがまどかにいいところなんだろうけど。

実際まどかの行き当たりばったりな攻撃に
敵がいろいろと勘違いしてて上手くいったりしてた。

いろいろと専門用語が出てきたけど
ウォクス=ロボット
レガリテ=まどかサイド
デメトリオ=相手サイド

ってことでいいんかな。

OP見る限りロボットは3対3なのか...?




sinfo2title_convert_20120130174843.jpg

いきなりライブから始まったシンフォギア。
それどころか謎の敵も現れてアイドルが戦い始めたのに驚きを隠せなかった。
しかも変身した後にも関わらず戦いの最中にも歌い続けるって...シュールだ。

敵に攻撃されても、落下しても、転んでも、ぶつかっても、
絶対歌っている場合じゃないのに歌うのをやめないのが見ていて笑いが込上がってくる。

歌の力で聖遺物を目覚めさせノイズと戦う戦士:シンフォギア。

その力が覚醒した主人公立花響。CV悠木碧
そして同じ適合者である風鳴翼。CV水樹奈々
紅白歌手の歌ならその破壊力は絶大だな。
またマモレナカッタみたいな展開にならないといいけど(オイ

新たなる適合者が出てきたけど
翼の必殺技を素手でふっ飛ばした
司令がいればなんとかなる気がするよ。




dannichi3title.jpg


日常と名のつくアニメでまともに日常な話をする作品なんてないよ!
...と思ったらちゃんとした日常アニメだった。

ツッコミとボケが目まぐるしく入れ替わるな...
もはや誰がツッコミで誰がボケとか関係なく
みんながボケでみんながツッコミだな。

テンポが銀魂に似ている気がするのは気のせいか
たぶん銀さんのせいだな。うん。

女キャラも結構でてくるのが意外だった。
女キャラメインの日常作品だと男キャラは一切でてこないからな。




tenipuri2title.jpg

高校生が集うU17の合宿に呼ばれた50人たちの中学生たち。
果たしてこの合宿で中学生たちがどれほどの力を見せるのか。

まあテニプリは漫画でしか知らないんだけど
やっぱりアニメでも変わらずぶっ飛んだテニスだった。
いつからテニスはスポーツから格闘技へクラスチェンジしたんだろうね。
中高生であのレベルだったら
世界のプロレベルはもはや殺し合いに発展してるだろ...

それにしても中学生組だけで50人いるんだから
それに高校生組を足してとんでもないキャラ数になるな。




zeroma2title.jpg
くぎゅううううううううううううううううううううううううう

自分の中でのくぎゅう3大代表作の一つ。
ちなみにあと2つはシャナとハヤテのごとく!。

原作は読んでいないんだけどアニメは全部見てた。
だがしかし結構前なのでかなり話の流れは忘れてるけど。

OPはやっぱりICHIKOさん。
しかし昔と違って声優の知識が増えた今の状態で見てみると
すごく声優が豪華だと今更ながら気づく。

とりあえずメインヒロインと主人公の紹介だけ。

ルイズ・フランソワーズ CV:釘宮理恵
(本名はもっと長いので省略...と見せかけて忘れました)
zeroma1ruiz.jpg

当初は名家でありながらも上手く魔法が使えない落ちこぼれと呼ばれ
タイトルのゼロのルイズと呼ばれていたが
使い魔サイトとの出会いがきっかけでその秘められた才能に目覚め
他の属性とは異なる虚無(ゼロ)の魔法が使える。

性格:典型的なくぎゅうキャラ=貧乳でツンデレ。
特に胸は画像からも分かる通りの絶壁。フルーツで例えるとレモン(オイ


平賀才人 通称犬...じゃなくてサイト CV:日野聡
zeroma3saito.jpg

ごくごく平凡な男子高校生だったが
ルイズの召喚魔法で喚ばれ彼女と契約し使い魔となる。
使い魔としての能力はガンダールヴ。
武器・兵器を使いこなす力を持つ。

性格:
熱血漢なところもあれば男子高校生らしく
女性(特に胸)に興味を持ち魅力的なヒロインたちに鼻を伸ばしては
ルイズにお仕置きされるのがいつものパターン。

この二人、今期はもはやただのバカップルだな
zeroma1kiss.jpg




nise2title.jpg


さて始まりました新しい怪異譚物語。



いきなり監禁プレイからのスタート
nise1koyomi2.jpg
本当にこの二人付き合っているのか

偽物語は基本次回予告でしか出て来なかった阿良々木先輩の妹達
ファイヤーシスターズである月火ちゃんと火憐ちゃんがメイン。

妹キャラがメイン!
nise1tukihi.jpg

妹キャラがメイン!
nise2karen.jpg

大事なことなので2回言いました。

なんだけど化物語のヒロインたちが
「私が、私達がメインヒロインだ」と言わんばかりに
登場してくるのであまりそんな感じがしない罠。
現にかれんビーなのに3話が終わってなおろくに出番がないです火憐ちゃん。

そして俺たちの阿良々木先輩も相変わらず変態です。
阿良々木ハーレムもどんどん大きくなっています。

彼女と監禁プレイをし
妹のパンツを拝見し
小学生を襲いさらにパンツを見せる。
挙句の果てに4話では幼女と一緒にお風呂に入りました。

だがしかし阿良々木先輩の変態チックアクションはこの程度じゃすまないぜ...
これからの阿良々木先輩の変態行為に乞うご期待。
変態の汚名を受ける勇気!!

忍が真綾さんになっていたけどあまり違和感はなかった。
まあ化ではほとんどセリフなかったんだけど。
平野さんがやっていたらきっとクェイサーみたいになってたんだろうな。

あざといさすが撫子ちゃんあざとい
nise3nadeko_convert_20120130170439.jpg



haisuku1title.jpg
これはゾンビですか?いいえ、悪魔です

この作品も赤髪の子に一目惚れする話かと思ったら
別の子に告白されさらにデートの最後に殺された...
「一誠って名前か...一が抜けてたら死亡フラグだな」とか思ってた矢先だよ。
最初のセリフがおっぱい揉みて~とかいう変態主人公だったのに
いきなり死んじゃって何がなんだか...

堕天使に殺されたところを
悪魔であるリアス・グレモリーに助けられ主従の関係になった主人公。
そしてそのポジティブな性格からどうせ人間になれないのならと
下僕を作ってハーレム王になると開き直る一誠。

ハーレム王にオレはなるっ!
haisuku2issei.jpg


この僕を超えられるかな?
nise1koyomi.jpg


まず余をねじ伏せてみるがいい!
shana312yuji.jpg


歳の差だとかどうでもいい
ハーレムは一緒にいなきゃダメなんだっ!

papa2yuta.jpg


俺がキングだ
p415narukami.jpg


俺を忘れてもらっちゃ困るぜっ!
zeroma1saito.jpg


僕は...王になる
gilkura15shu.jpg




今、

7人の主人公たちによる

ハーレム王の座を巡る性杯戦争

火蓋が切って落とされた(マテ


スポンサーサイト

Comment

「ブラック★ロックシューター」はイラストを見たこと曲は聞いたことはあります。
イラストと曲が先にあってその後話が作られた例は珍しい事なので気にはなりますが、
今は何とも言えませんね。

「パパの言うことを聞きなさい!」は1話、2話の裕太と彼の姉の裕理さんの
やり取りが良かったので見てみようかと思いました。1話、2話で姉弟の過去と関係性と
小鳥遊家の団欒を描くことで裕太が無理を承知で三人を引き取ろうとする動機に
必然性がでてきます。第8話までは小鳥遊姉妹達が良い子なのと周囲の人達が
協力的なのでなんとかなっていますが、住居の狭さと収入の不足という根本的な問題を
抱えている事に変わりはない。原作ではその問題の解決をどこまで描けているのか
気になりますね。血を越えた家族の絆に興味があったのであって小鳥遊姉妹の入浴や
着替えには私はまるで興味ありません。でも莱果先輩の方なら少しは興味ありますかね。
今のところ裕太は空からの気持ちに気づいていないし、ラブコメ要素に関しては
空の方が主役って感じですね。年上の相手への初恋なんて少女漫画チックだし。
でもあくまでも裕太には保護者としての立ち位置をまっとうしてほしいし、
空の恋が叶う事はないと思います。美羽に関してはこれから対人関係がどう動くのか
原作読んでないので何とも……。ひなはいうまでもなくラブコメ要素に関わりようが
ありませんが……..ていうか何かあったら犯罪です。
私はロリコンに対して元々あまり良い感情は持っていませんでしたが、
ここ半年ほどの間にアムネスティが作った人身売買についての本で、
発展途上国で人身売買された女児が性産業でどういう扱いを受けているのかと
日本も人身売買の人達が売られてくる国の一つとして関わりが少なくないという事を
知りました。そういう影響もあってロリコンっていうか、むしろペドフィリアかな?
…..に対する嫌悪度は前よりだいぶ強くなっていますね。
そうですね。感情だけで言えば、ロリコンやペドフィリアはおろし金で生殖器を
すりおろしちゃえばいいじゃないとか思ったりもします。
……あくまでも感情だけで言えばですよ?

「あの夏で待ってる」は今のところ青春ラブコメとしていい感じに進んでいますね。
今のところ話の展開は手堅い流れであまりコメントするような事はないですね。
巷では「おねがい☆ティーチャー」に似ているといわれているようですね。
脚本とキャラクター原案の人が共通しているのでまったくの偶然ではないかもしれません。
イチカと檸檬のデザインと人物設定は確かに私も「おねがい☆ティーチャー」の
キャラに似ていると思いますが……。
  • 2012/03/05 02:30
  • 語り部
  • URL
「輪廻のラグランジェ」はコメディー要素の強いロボットアニメといったところですね。
シリアス分が少ないのが気になりましたが、7話でのムギナミの回想がいい感じに
シリアスだったのでもう少し様子見です。まどかに関しては第一印象からいって
バカそうだと思いましたが、実際に話数が進むに連れて想像以上に大バカだという事が
よくわかりました。 ……別にこれは悪口じゃないですよ。

「ゼロの使い魔F」、私は20巻中18巻まで原作を読んでいますがアニメ版の
完成度は評判が良くないみたいなので元々もう一度アニメ化しても見る気は
ありませんでした。それに灼眼のシャナと違って原作がまだ完結していないのに
Final(ファイナル)というのも納得できない。
それに何よりたった1クールで13巻から20巻までの話をやろうという事事態
企画からいって構成に無理がある。その為原作とは相当変えているみたいですね。
原作の完成度がある程度高い作品は基本的に原作に忠実にやる事をまず期待するので
私は今回のアニメ化自体正直嬉しくありません。
……と言っても一概に制作会社を責める気にはなれません。
アニメ化だって、商業目的のメディア戦略の一つ。それが全てとはもちろん思わないけど
間違いなくその側面が含まれていることは理解しなくてはなりません。
原作者の希望だけでなく、スポンサーや制作会社のスケジュールの問題を考慮する事を
考えればかなり複雑です。ネットの感想で良く見かける作画の質にしても
制作期間の長さや制作費の多寡、人材の問題に左右されるのが当たり前です。
単純にスタッフだけの責任であると考える事はできないと思います。
しかし、そうは言っても今回のアニメ化に比べれば放送期間に余裕があったはずの第1期、第2期も原作に忠実ではなかった事等を考えれば脚本自体にも問題があると
感じるのも確かなのですが……..。

「偽物語」、相変わらず風変わりなシナリオと際立った演出の数々が目を引きます。
阿良々木君が羽川じゃなくて戦場ヶ原の方を好きになった時点でそうじゃないかとは
思っていましたが、「偽物語」での監禁プレイのシーンを見て確信しました。
つまり阿良々木君はマゾの気があると…..。
いや、むしろ今までの彼の行動を考えるとなんでそれを認めることに私は躊躇して
いたのだろうか? …..それはさておき、最初は常識人かと思った阿良々木君も
時が経つほどに変な男だという事が露呈してきました。
まあ、原作者西尾維新のド変人さを考えればこれぐらい主人公が変なのは驚くには
値しないという気もしていますが……。
撫子、あの子はどうも恋で病むタイプのようですね……。将来が心配です。
  • 2012/03/05 02:58
  • 語り部
  • URL
Re: タイトルなし
語り部さん>

> 「ブラック★ロックシューター」はイラストを見たこと曲は聞いたことはあります。
> イラストと曲が先にあってその後話が作られた例は珍しい事なので気にはなりますが、
> 今は何とも言えませんね。

曲は僕も知っていましたがまさかアニメになるとは...
現実世界と異世界(?)が交互に映されてまだ
はっきりと話が見えませんね。

> 「パパの言うことを聞きなさい!」は1話、2話の裕太と彼の姉の裕理さんの
> やり取りが良かったので見てみようかと思いました。1話、2話で姉弟の過去と関係性と
> 小鳥遊家の団欒を描くことで裕太が無理を承知で三人を引き取ろうとする動機に
> 必然性がでてきます。第8話までは小鳥遊姉妹達が良い子なのと周囲の人達が
> 協力的なのでなんとかなっていますが、住居の狭さと収入の不足という根本的な問題を
> 抱えている事に変わりはない。原作ではその問題の解決をどこまで描けているのか
> 気になりますね。

ただの大学生が3人もの女子を養うのは普通に考えて不可能ですが
一体どうやって解決していくのだろうか。

> 血を越えた家族の絆に興味があったのであって小鳥遊姉妹の入浴や
> 着替えには私はまるで興味ありません。でも莱果先輩の方なら少しは興味ありますかね。
> 今のところ裕太は空からの気持ちに気づいていないし、ラブコメ要素に関しては
> 空の方が主役って感じですね。年上の相手への初恋なんて少女漫画チックだし。
> でもあくまでも裕太には保護者としての立ち位置をまっとうしてほしいし、
> 空の恋が叶う事はないと思います。美羽に関してはこれから対人関係がどう動くのか
> 原作読んでないので何とも……。ひなはいうまでもなくラブコメ要素に関わりようが
> ありませんが……..ていうか何かあったら犯罪です。

確かに3姉妹の中では空ちゃんが
メインヒロインに見えますね。
主人公が先輩とフラグを立てたりしたらどうなるんだろう...

> 私はロリコンに対して元々あまり良い感情は持っていませんでしたが、
> ここ半年ほどの間にアムネスティが作った人身売買についての本で、
> 発展途上国で人身売買された女児が性産業でどういう扱いを受けているのかと
> 日本も人身売買の人達が売られてくる国の一つとして関わりが少なくないという事を
> 知りました。そういう影響もあってロリコンっていうか、むしろペドフィリアかな?
> …..に対する嫌悪度は前よりだいぶ強くなっていますね。
> そうですね。感情だけで言えば、ロリコンやペドフィリアはおろし金で生殖器を
> すりおろしちゃえばいいじゃないとか思ったりもします。
> ……あくまでも感情だけで言えばですよ?

YESロリータNOタッチ。

> 「あの夏で待ってる」は今のところ青春ラブコメとしていい感じに進んでいますね。
> 今のところ話の展開は手堅い流れであまりコメントするような事はないですね。
> 巷では「おねがい☆ティーチャー」に似ているといわれているようですね。
> 脚本とキャラクター原案の人が共通しているのでまったくの偶然ではないかもしれません。
> イチカと檸檬のデザインと人物設定は確かに私も「おねがい☆ティーチャー」の
> キャラに似ていると思いますが……。

面白いくらいに恋模様が一方通行で見ていて楽しいです。
柑菜ちゃんにはがんばって欲しいところ。
おねがい☆ティーチャーは知らないのでキャラに似ているかはちょっとわかりませんね...

コメンとありがとうございました!!
  • 2012/03/05 20:42
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
語り部さん>

> 「輪廻のラグランジェ」はコメディー要素の強いロボットアニメといったところですね。
> シリアス分が少ないのが気になりましたが、7話でのムギナミの回想がいい感じに
> シリアスだったのでもう少し様子見です。まどかに関しては第一印象からいって
> バカそうだと思いましたが、実際に話数が進むに連れて想像以上に大バカだという事が
> よくわかりました。 ……別にこれは悪口じゃないですよ。

バトルよりコメディーサイドが多いせいか
あんまりロボアニメという感じがしないですね。
まどかは思っていた以上にアホの子で
ランちゃんが思っていた以上にあざとくて
ムギナミは思っていた以上にちゃっかりしてると思いました。

> 「ゼロの使い魔F」、私は20巻中18巻まで原作を読んでいますがアニメ版の
> 完成度は評判が良くないみたいなので元々もう一度アニメ化しても見る気は
> ありませんでした。それに灼眼のシャナと違って原作がまだ完結していないのに
> Final(ファイナル)というのも納得できない。

ゼロの使い魔はアニメだけ見ていたので
原作での進み具合とかはあまり気にしたことなかったです。

> それに何よりたった1クールで13巻から20巻までの話をやろうという事事態
> 企画からいって構成に無理がある。その為原作とは相当変えているみたいですね。
> 原作の完成度がある程度高い作品は基本的に原作に忠実にやる事をまず期待するので
> 私は今回のアニメ化自体正直嬉しくありません。

ざっと7巻分...それは結構な量ですね。
中には2クールやってもそれ以上進まない作品もあるのに。
結構端折っていたりするんだろうか。

> ……と言っても一概に制作会社を責める気にはなれません。
> アニメ化だって、商業目的のメディア戦略の一つ。それが全てとはもちろん思わないけど
> 間違いなくその側面が含まれていることは理解しなくてはなりません。
> 原作者の希望だけでなく、スポンサーや制作会社のスケジュールの問題を考慮する事を
> 考えればかなり複雑です。ネットの感想で良く見かける作画の質にしても
> 制作期間の長さや制作費の多寡、人材の問題に左右されるのが当たり前です。
> 単純にスタッフだけの責任であると考える事はできないと思います。
> しかし、そうは言っても今回のアニメ化に比べれば放送期間に余裕があったはずの第1期、第2期も原作に忠実ではなかった事等を考えれば脚本自体にも問題があると
> 感じるのも確かなのですが……..。


原作を知っている人から見れば複雑な気持ちになるのかもしれないですけど
アニメから入った自分は1期2期も普通に楽しめたので
今回のアニメ化は素直に嬉しかったです。


> 「偽物語」、相変わらず風変わりなシナリオと際立った演出の数々が目を引きます。
> 阿良々木君が羽川じゃなくて戦場ヶ原の方を好きになった時点でそうじゃないかとは
> 思っていましたが、「偽物語」での監禁プレイのシーンを見て確信しました。
> つまり阿良々木君はマゾの気があると…..。

そして彼女のガハラさんが見事なS。
だからなんだかんだであの二人は
相性はバッチリなんでしょうね。

> いや、むしろ今までの彼の行動を考えるとなんでそれを認めることに私は躊躇して
> いたのだろうか? …..それはさておき、最初は常識人かと思った阿良々木君も
> 時が経つほどに変な男だという事が露呈してきました。
> まあ、原作者西尾維新のド変人さを考えればこれぐらい主人公が変なのは驚くには
> 値しないという気もしていますが……。

マゾでロリコンでシスコンな阿良々木さんマジ変態。
原作を読んでいますが読めば読むほど変態になっていって
最初の頃の彼はまだまともだったんだと気付かされます。

> 撫子、あの子はどうも恋で病むタイプのようですね……。将来が心配です。

変態なお兄ちゃんは諦めて新しい恋を探して欲しい。

コメントありがとうございました!!!

  • 2012/03/05 20:54
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。