バクマン。総括感想




どうもこんばんはTOKIです。
バクマン総括感想。

bakuman25title.jpg



3期をやりついに最後を迎えたバクマン。
中学生から始まり、ついにあずきゅんとの結婚の夢を叶えたサイコー。
思えば小畑先生+大場先生コンビの作品って
作中では結構時間が流れるんだよね。ヒカルの碁もデスノートも。


続きからどうぞ



最後までずっと熱い展開が続いて
アンケート結果やコミックスの発足部数の数などの連絡を
シュージンが受ける場面はいつも手に汗握っていた。
あずきゅんとの結婚が決まった時は
一緒にガッツポーズしたよ。


以下キャラ感想


真城最高
bakuman323saiko_20130401193755.jpg

亜城木夢叶 作画担当。
アダ名はサイコー。

中学生の時からシュージンの原作を
描き続けプロデビューしてからも
ひたすらクオリティの追求に走り新妻エイジと切磋琢磨しながら
どんどんレベルを上げていった。

あずきとの約束を胸に
あそこまでがんばれるのは本当すごいと思った。
好きな人と会うこともなく、話すこともめったにせず、
ただただ夢に向かって何年も何年もがんばる
のって
なかなかできることじゃない。

その分頑固なので編集部といろいろいざこざあったけどね。
あと普段は何もアクションしない代わりに
いざ動くとすごい大胆になってたよね彼は。
あずきをオーディションから連れだしたりとか。

最終的に夢を叶え、その努力が報われた時の
喜びはすごい共感できた。
終盤の亜城木夢叶への感情移入は半端無かった。



高木秋人
bakuman324shujin_20130401193909.jpg

亜城木夢叶 原作担当
アダ名はシュージン

マンガは絵が上手ければそれで良いわけじゃない。
たとえいくら絵が上手かろうと、綺麗だろうと、
話が面白くなければすべて台無し。

だからこそ、次々とジャックで連載できるほどの
ストーリーを作り出すシュージンの才能は凄いと思った。
あと何気に一番女キャラとフラグ立てたりしてた

最終的にはかやちゃんと結婚して夫婦に。
見た目があんまし変わらないから
結婚した時は「ああもうそんな年齢に育ってたのか」と思った。
その後はかやちゃんは亜豆の代わりとばかりに
レギュラーポジションに入り夫婦揃って臨時アシスタントとして活躍。


亜豆美保
bakuman323azuki_20130401193754.jpg
本作のメインヒロインにして屈指の空気ヒロイン(マテ

夢を叶えるまで会わないという約束を
お互い頑として譲らず守ってきただけに
中盤から一気に出番が減ってしまったという。

それでもいざ出てくるときは一気にそのヒロイン力を
爆発させてました。
REVERSIの公開オーディションではまさかのダントツ一位。
原作を読み込んで正しい台詞を
使ったのが決め手となったんだろうけど。
というか見ていた時も思ったけど声優にしろ何にしろ
公開オーディションなんてTVで普通あるのか...?

番外編とかで亜豆サイドのお話とか見てみたい...


服部さん
bakuman24hattori3.jpg
もうこの人が編集長でいいよ


入社1年目の時、酉島専務に言われました
会社と作家が対立した時、
作家側に立つのが、真の編集者だと!

bakuman24hattori.jpg

他のメディアが足かせになって、
作品の質を脅かすようでは、
本末転倒ではないでしょうかっ!!

bakuman24hattori2.jpg
服部さんマジでカッコ良すぎだろう!!!

途中から編集交代とかで離れていたが
REVERSIで戻ってきてくれて本当によかった。
作者のため、亜城木夢叶のために
あんなにも考えてくれるなんて服部さんは本当当たりの編集者だよ。


新妻エイジ
bakuman16eiji_20130401193754.jpg

亜城木夢叶の永遠のライバル。
亜城木夢叶がデビューする前からその天才的な才能を
発揮しておりジャックでCROW、ZONBIGUNと
大作を生み出している。

エイジ自身も亜城木夢叶を尊敬しており
良きライバルとしてお互いを高めあった。

序盤こそその圧倒的な才能をたたきつけられて
憎らしくも思ったが中盤からはすげえいいキャラになって
今ではバクマンの好きなキャラランキング1,2を争う存在。

どこまでも純粋にマンガが好きで
正直でまっすぐなところがすごく好感持てた

特にデビューする時に取り付けた
「ジャックで一番人気の作家になったら、自分の嫌いな漫画を一つ終わらせる」
権限を自分のCROWに使って
自分の思う一番理想の形で終わらせることにこだわったのはかっこよかった。
たぶんいちばん最初からそのつもりであの権限を要求したんだろうな。

亜城木夢叶はそんな権限もないのにかなり強引に終わらせたけど。
担当が服部さんじゃなかったら叶わなかっただろうな。

最終回でREVERSIがアニメになり、
ついにあずきゅんにプロポーズした真城。
10年経て、溜めに溜め込んだ想いを伝え合い、夢を叶える。
bakuman325saiko_20130401193907.jpg


そしてちゃっかり蒼樹先生と結婚する平丸先生。
何気に今期は平丸吉田コンビと蒼樹先生のラブストーリーも絡んでたんだよね。
平丸先生マジ勝ち組。
bakuman25hiramaru.jpg




bakuman25photo.jpg


夢に向かって、夢を叶えるため。努力する。
それの難しさ、大変さ、そして大切さを
亜城木夢叶として教えてくれたサイコーとシュージン。
これからも二人は漫画家としてひたすら進んでいくんだろう。


一言:夢は、自分の意思で叶えるもの


スポンサーサイト

Comment

原作では七峰が嫌っていた父親のコネまで使って
またあまり良くない手を使って再び亜城木らに挑む話があるんですよね
その話には東さんというおじさんの元アシの
売れないベテラン漫画化が出てきます

原作では北見リリカのブログの情報から
サイコーと亜豆の関係をリークしたのは
マイナー誌の連載を終わってニート同然で
リリカファンの石沢です
  • 2013/04/08 03:43
  • kivaxtuto
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
kivaxtutoさん>

> 原作では七峰が嫌っていた父親のコネまで使って
> またあまり良くない手を使って再び亜城木らに挑む話があるんですよね
> その話には東さんというおじさんの元アシの
> 売れないベテラン漫画化が出てきます

おお、七峰くんあの後も出番あったんですね。
というか成長してねーっ!
アニメでは頑張ってるらしい描写はありましたけど。
東さんというおじさんの知り合いは興味深いですね。
おじさんと直接からみのあったキャラって少なかったですから。

> 原作では北見リリカのブログの情報から
> サイコーと亜豆の関係をリークしたのは
> マイナー誌の連載を終わってニート同然で
> リリカファンの石沢です

石沢って誰だっけ...?と思ってググったら
あの中学時代の同級生か...
中井さんといい、地味にダメ人間が出てくるよね、バクマンって。


コメントありがとうございました!!


  • 2013/04/08 19:38
  • TOKI.
  • URL
七峰逆襲がカットされた1番の理由は
この章の始まりとなる東さんの持ち込み漫画「パンチラファイト」ですかね~

東さんは画力は評価されてましたが
ストーリー作りに難があり大成出来ませんでしたが
七峰が父親の支援で作り上げた会社に集められた
アドバイザーらの協力を得て
東さんに限らず複数のベテラン漫画家達が
雑誌に掲載される作品を得られますが

成果が見えるとそのベテラン作家らへの協力を一方的に打ち切り
自らの作品を掲載する事を目論み
七峰の策略を知った佐々木編集長が
「読切で3位以内に入れば連載させるが、入れなかった場合
七峰作品は今後一切本誌では使わない」という条件でも自身満々でしたが
亜城木だけでなく、東さんの読み切りにも負けるという結末を迎え
(平丸さんのギックリ腰による休養で枠が空いた故の掲載です)
七峰の素質を評価してた小杉に編集部に掛け合ってもう1度やり直そうと説得されても
精神崩壊した七峰は「無能な人とやっても無駄」と拒否し
七峰を大成させられなかった事に小杉は悔やむ事となりました

因みに東さんの担当も服部さんで七峰の指示で
外れの編集者が持ち込み見る事になったら帰る様に言われており
七峰から事前に外れ編集者と言われた港浦さんは
中年の持ち込みという事で嫌な顔をした為
見せる事なく帰りもう一度訪れる事で服部さんになりました
(七峰にとっては吉田氏辺りが選ばれば良いと思っており
服部さんはかなりの幸運だった様です)
  • 2013/04/11 02:25
  • kivaxtuto
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
kivaxtutoさん>

コメントの原文が
FC2のNGワードフィルターに引っかかってしまったので
原文ナシでの返信をさせていただきます。

何だその心踊るタイトルは...読んでみたい

七峰君完全にBADENDじゃないですか...
ぜんぜん改心しなかったんですね。
しかし平丸さんがギックリ腰ww

平丸先生とのことも考えると
裏はあるけど吉田氏も当たりの編集者ですよね。

コメントありがとうございました!!


  • 2013/04/11 20:14
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。