ハヤテのごとく!感想 第441話「サンデーでタコが好きとか言うと面堂君を思い出すよね」




どうもこんばんはTOKIです。
あれ、もう二月も終わり!?
...ということは、そろそろ祭りも近づいてますね。

ともかく今週のハヤテのごとく!感想。

さぁそのタコを...こっちに渡してもらおうか...!!
441hayate.jpg
お前かーーい


何者なんだと思ってたが
人ですらなかったとは...
しかしかなりご無沙汰なキャラだ。
久々の出番おめでとう。







久々に出てきた途端
何故かタコを欲しがるエイト。
普段何してるんだろうと思ってたけど
お前こんなとこでタコ集めてたんか


そのタコがなければ...私は...
441eight.jpg
結婚!?




439話冒頭のカップルって
牧村さんとエイトだったのか...


ほ~ら雷真、今の時代ロボットだって結婚するんですぅー
machinedoll8yaya2.jpg
そんな馬鹿な...



ロボットでさえ結婚相手がいると思ったら
少しへこむ自分がいた。
しかし牧村さんも自分で作ったロボと
結婚するとかいろいろな意味ですごい人である。


そしてとにかくタコを欲しがるエイト。

牧村さんが言っていた
条件ってタコを持ってくることなのか?

441eight2.jpg
牧村さんならありえそうだから困る



もう笑顔で「タコが欲しいな☆」って
普通に言いのけちゃいそうだよあの人。
だってロボと結婚しようとする人だし。



そして最終的にしつこくタコを欲しがるエイトを相手に
素直にタコを差し出すハヤテ。


441hayate2.jpg
偶然拾っただけだし


まあ確かにハヤテがタコを守っても仕方ないし
あげて何が困るわけでもないから別にいいよね。


そしてタコを渡して
ハヤテも命が助かり一件落着。

しかしその一部始終を見ていたのか、
消えた謎のお姉さんが再び登場。


441o.jpg
なんかカッコイイ事言ってるけど...ちょっと意味がわかりませんね



いきなり出てきて何を言い出すんだこの人は。
いろいろと謎すぎる。
罪とは一体どういう意味なのか。


441alice.jpg


アリスちゃんのお説教タイムスタート
白スクが似合う金髪幼女のお説教とか
どんなご褒美...っとそんなことはどうでもよく。


海にいたタコをあなたが勝手に拾い上げ、
まるで自分のものであるかのように他人にあげた。

そのタコがその後、

どうなるかも分からないのに...

その認識の甘さが罪深いと...
その女性は言っているのでしょうね


441nagi.jpg
変わった人でもあると思うけどね...


たかがタコ一匹。
されどタコ一匹。

タコだからそう思っちゃうだけで
コレがタコでなく別のものだったら
また感じ方は違うのだろうけど。


アリスちゃんに叱られ
そして再びタコを返してもらおうと
エイトの元に戻ったハヤテ


441eight3.jpg
奴ら...?


さっき出てきたお姉さんのことだろうか。
奴らってことは複数人いるんだろうけど。
しかしこの丸っこいモブは何者だろう。
タコ名物の海の家の店主とか?

そしてなんだかんだで
再びエイトとのバトルがスタート。


441eight4.jpg


お前には分かるまい...
anime4matakuda.jpg
今年もチョコの味がしないバレンタインを過ごした者の気持ちは...!!
バレンタイン?そんなものはなかったよ(遠い目


いつになく熱いパトスがほとばしっている
エイトを相手に万事休すのハヤテ。
が、そこに颯爽と現れる謎のきれいなお姉さん。


441a.jpg


いきなり現れて平気で
ハヤテも吹っ飛ぶエイトのパンチを受け止めるお姉さん。


一体何者なんだ。


私か?

私はタコ一匹の命でも平和のために戦う者...

441ikusa.jpg
イクサさん再登場


korezon12ayumu.jpg
お兄さん何してんの!?


ついに登場したイクサお兄さん。
しかしまさかの女装て...
このアニキにしてあの弟というわけか...!!

兄弟そろって女装が得意とは...
こうなってくるとクソ親父の方もなんか
女装していろいろ悪い事してそうな気がしてきた


クロ姉さんの情報のおかげで
ついにお兄さんと出会えたハヤテ。
これでタコも助けて王玉に手に入るか...?



今週のまとめ:


「兄弟揃って女装が似合うことがわかった回」


ハヤテは毎度強制的に女装させられてたけれど
イクサ兄さんは自主的に女装してるのか...?


今週の一コマ:
441hitokoma.jpg


これにするタコ


スポンサーサイト

Comment

イクサやアリスの言葉に感化されたハヤテですが
ハヤテって天然で純粋な所がありますからね~

エイトは目的のタコを引き渡せば
人間にしてやるとでも言われたのですかね~

ハヤテがモテるのは女だけではないですけどね・・・

イクサならエイトの事情にも一定の理解を示して正してくれたり?

イクサが女装してた理由もギャグで済ますのですかね~

赤面してたハヤテですが兄さんが女装しててやっぱ恥ずかしかった?
  • 2014/02/27 21:14
  • kivaxtuto
  • URL
  • Edit
いったい誰が!!?と思ったらエイトだったとは。(・_・;)まさか人間ですら無いとは
そしてこの女性は誰だよ!!?と思えば・・・イクサ~!!!!(゚■゚″Ш)ガクガク
今回はもう驚きすぎて「グゥ」の音もでません。
・・・それにしてもエイトはなんなのだろう?
  • 2014/02/27 22:12
  • スラッシュ
  • URL
個人的にはエイトのところにイクサがくるかたと思ったらエイトで予想外やった笑

でもまぁ、エイトと牧村先生は結婚するんだ笑
ほんとに?
うらやましいです笑ぇ

そして、アリスに説教?されてタコを探しに(^^;;
ハヤテは本当に純粋ですねぇ笑

そして、タコを見つけると謎のモブキャラ&エイトを見つける。
なんか意味深のこというてエイトと戦闘開始!!
しばらくしたら、女の人が登場‼︎
しかも、それがイクサだったとはΣ(・□・;)
もう、びっくりしたわ笑
ほんと兄弟揃って女装が似合うとかどういうことだよ(^^;;

しかしまぁ、なんとか無事に再会した2人。
このあと、どうなるんやろうか?
  • 2014/02/27 23:56
  • ハヤラブ
  • URL
牧村さん彼氏とは別れたって言ってたのにwよりを戻してた?

アリスとナギの金髪コンビは良い
あんなちっこいのにアパート全員と対等以上な感じの関係性
アーたんはどのサイズでも凄いw

あの人物がイクサとはこれっぽっちも思えなかった
ハヤテの兄なら女になってるかもくらい長年の読者としては考慮すべきだった・・・涙




  • 2014/02/28 01:30
  • あああ
  • URL
感想
今週の一言『驚きの・・・連続だった』

・・・今週は、本当に驚きの連続だったな・・・
まさか、人ですら無いとは・・・予想できませんでした・・・。

・・・そして、イクサさんも、女装似合ってるな!!・・・全然、分からなかった!!。

・・・ただ、イクサさんの言ってる事・・・良く、分からなかったなぁ・・・タコだからかな・・・?

・・・ハヤテ作中最強キャラって・・・イクサさんなのか・・・夜空さんなのか伊澄さんなのか・・・誰なのだろう。
・・・誰を選らんでも・・・あまり、変わらない気がするけど・・・。


夜空さんといえば・・・あのシルエットの人・・・いつでてくるんだ・・・?
  • 2014/02/28 17:51
  • went
  • URL
  • Edit
第34話 『最終決戦』
始まりは、【な】

あらすじ
バニシングシードの両翼と頭4つを・・・シライシの犠牲により、破壊する事に成功した。

後は・・・頭3つと尻尾3つ・・・そして、コアだけだ。

続き

なんとか・・・頭を破壊しないと・・・。

リンドウ『・・・残りは、3つ・・・か。
なら、俺が【ホーリーヘッド】を引き受けよう。
・・・アーサーが【ダークヘッド】
wentとTOKIで・・・【アイスヘッド】を破壊するんだ。
・・・さぁ、始めよう!!』

・・・作戦は、決定した。

went『・・・【アイス】・・・氷属性ですね。
・・・ここは、TOKIに任せます。
・・・僕も援護は、しますけどね・・・元々、僕は、サポート役ですから・・・。』

・・・私が破壊するのか・・・?

went『【ドリームフォース】【アタックフォース】!!』

TOKIの攻撃が全属性攻撃になった。
TOKIのA・SAが2倍になった。

・・・私が、やるしか無い!!

TOKIは、頭に攻撃をした。

TOKIの攻撃。
バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ。

・・・かなり、効いてる・・・のか?

アイスヘッドは・・・吹雪を使ってきた。

私は、なんとか避ける。

・・・この位の動きなら・・・私でも倒せる・・・はず。

went『・・・僕も援護をします。
【フレイムタワー】!!』

wentの攻撃。
バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ

・・・炎の柱が出現した・・・
・・・というより、やっぱり、攻撃方法持ってたんだ・・・。

・・・そして、10分後。

TOKIの攻撃。
バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ。
バニシングアイスヘッドを破壊した。

見ると、既に他2人は頭を破壊し終えていた。

リンドウ『・・・次は、尻尾だ!!』

そして、後ろへ回り込む。

went『・・・ヘビの尻尾・・・・なんか、嫌な予感がします・・・化身を発動しておきます。』

・・・そして、氷の柱を目の前に出現させた。

その時、3つの蛇が、灰色のレーザーを吐いてきた。

went『・・・灰色?・・・マズイ。』

・・・そういい、避けた。

それが氷の柱に当たる。

・・・氷の柱は、石になった。

went『・・・こいつ・・・石にするレーザーを口から出すみたいです・・・。』

リンドウ『・・・俺が、遠距離から攻撃をする。
だから、お前達は・・・蛇を引き付けて欲しい。』

・・・これは、結構危険な賭けだ。
・・・あれに、触れては行けないと言うことになる。

私達は、戦いを再開した。

リンドウは、どうやら、遠距離から、連続でエネルギー弾を撃っているようだ。
リンドウの攻撃。
バニシングスネーク1に1000万のダメージ。
バニシングスネーク1を破壊した。

・・・HPは、低いのか・・・。(まぁ、それでも1000万あるわけだが・・・)

・・・そして、もう1匹の蛇も破壊して・・・ついに、後1匹となったとき・・・目の前にレーザーが・・・

アーサー『・・・私が、盾になります。』

・・・当たる瞬間に突き飛ばされ・・・アーサーに当たってしまった。

アーサーは、石になった。

リンドウの攻撃。
バニシングスネーク3に1000万ダメージ。
バニシングスネークを破壊した。

リンドウ『・・・恐らく、この石化は・・・コアを破壊してバニシングシードを倒さないと解けない。
だから、俺達で・・・コアを破壊するんだ。』

リンドウは、コアに攻撃をしようとしたが・・・・コアを守る用に・・・薄い膜のような物がコアの近くに出現した。

リンドウの攻撃。
バニシングコアに0のダメージ

リンドウ『・・・厄介な!!ダメージを無効果にする能力か!!』

went『・・・なら、僕が・・・【封印】をします。
【ゴッドシール】!!』

・・・そうだ・・・wentの持つユニークスキルには・・・強化と封印があった・・・。
これなら・・・!!

・・・しかし、いくら待っても・・・薄い幕は、消えない・・・。

went『・・・・まさか・・・。
1つ試して見ます・・・【インフィニティートライヴ】!!』

・・・味方全員の能力を10倍にする能力・・・。

けど・・・ステータスが一瞬上がるも・・・・また、元の数値に戻った。

went『間違いありません。
・・・・この薄い膜には・・・【ユニークスキルの無効果】も含まれてるようですね・・・。』

・・・・なんだよ、それ・・・どんなチートだよ!!

went『・・・残された可能性は・・・【化身】・・・【化身】の能力だけは・・・有効だと思います。
・・・その証拠に【化身】は、消されてません。』

・・・けど、私の能力では・・・どうにもできない・・・。

けんむろ『TOKI。・・・手伝いに来たよ。』

・・・けんむろが
こっちにやって来た・・・
ただ・・・姿が・・・なんか、違う。

今のけんむろの姿は、氷の鎧を身に纏い、輝く羽が背中から生えていて・・・さらに、氷でできた剣を手に持っている。

リンドウ『・・・これは、化身【ペガサス】の【究極霊装(アルティメットアームド)】した姿だな・・・。
・・・これなら、なんとか、出来るかも知れない。』

・・・おい・・・嘘だろ・・・同じ地球出身の、けんむろが、アルティメットアームドを使えるようになったのか・・・?

私は、化身の発動までしかできないのに!!

けんむろ『・・・そういえば、シライシの姿が見えないんだけど・・・どうしたの?』

・・・

T『・・・シライシは・・・頭を4つ引き付けてて・・・頭を破壊は、したんだけど・・・・運悪く、頭上に隕石が落ちてきて・・・・やられた。』

けんむろ『・・・犠牲者が出たのか・・・・だったら、なおさら、こいつを破壊しないとな!!
・・・きっと、ハリスなら・・・ シライシを生き返らせる方法を知ってるだろう。』

・・・まぁ、あいつなら・・・確かに知ってるかもな・・・。

けんむろ『・・・それで、今は・・・どんな状況なんだ?』

T『・・・後は、コアを破壊するだけなんだが・・・この薄い膜をどうにかしないと・・・ダメージを与えられないんだ。
・・・しかも、これは【ユニークスキル】も無効果にするんだ。・・・俺達には、どうしようもできない。』

けんむろ『・・・【化身】の力が、通用するなら・・・俺が、なんとか出来るよ。』

・・・何をするんだ・・・?

そういうと、けんむろは薄い膜に近づき・・・薄い膜を凍らせた。

・・・すると、薄い膜は、消えていった。

リンドウ『・・・!!これなら・・・!!』

・・・しかし、コアに近付けさせまいと・・・黒い塊がたくさん出現し・・・道を塞ぐ。

けんむろ『【セイントブリザード】!!』

・・・・けんむろがなんか、ーきらきらしてる吹雪を使った。

黒い塊は、次々と凍っていき・・・道が出来る。

リンドウの攻撃。
バニシングコアに1000万ダメージ。

・・・凄い・・・これなら・・・!!

バニシングコアの能力【オートリペア】発動。
バニシングコアのHPが完全に回復する。

リンドウ『・・・こいつは・・・厳しいな。
こいつを破壊するには・・・一撃で5億のダメージを与える必要があるみたいだ・・・。』

・・・どんな、チートな敵だよ!!

T『・・・私の化身で、ステータスを5倍にして、アタックフォースを使っても1億。
・・・足りない。』

リンドウ『・・・その化身の力があるなら、なんとか出来るかもしれない。』

・・・・え?

リンドウ『・・・俺の武器には、【補喰形態】といって・・・・ダメージを与えずに、当てた対象の【化身・ユニークスキル】を自分も使えるという能力がある・・・これで、TOKIの化身を俺が使って、TOKIも発動。
そして、Aをあげれば・・・ちょうど5億になる。』

・・・もう、それしか無い・・・か。

けんむろ『・・・俺が周りの黒い塊は、抑えておく。
だから、その間に・・・頼んだ。』

リンドウ『・・・ じゃあ始めようか。【トランス:プレデターモード】』

・・・武器の形が・・・かなり、変わった。

そして、口が開くかのように・・・武器が2つに分かれ・・・私に当たる。
・・・痛くは、無かった。

T・リンドウ『『・・・化身発動。』』

went『アタックフォース!!』

けんむろ『・・・道は、俺が切り開く!!』

・・・そして、道が出来た。

リンドウ『・・・俺らの渾身の一撃を食らえ!!』

リンドウの攻撃。
バニシングコアに5億ダメージ。
バニシングコアを破壊した。
バニシングシードを倒した。

・・・そして、バニシングシードは消えていく。

・・・勝てた・・・私達は、地球を守ったのだ。

~・・・~

ハリス『・・・皆さん、おめでとうございます。
・・・地球を守る事が出来た用ですね。
・・・さて、ここで、皆さんには、選択をしてもらいます。
・・・元の世界に帰るか・・・異世界に残るかを・・・』

・・・私は・・・

続く
  • 2014/02/28 19:01
  • went
  • URL
  • Edit
コメント
こんばんは!

あんまり関係ないけど

どうやら私はココまでのようだ
後の事は任せたぞ。
アーサーさん。リンドウさん。けんむろさん。wentさん。そしてTOKIさん
地球を……この先の未来を頼んだぞ

男なら一度はこう言うセリフを言ってみたい!

感想です

お、お前は!?
……誰だっけ(マテ
名前なんだっけ……
ほら……エイ、エイなんとかさん?
ダメだ出てこない!(オイ

イカじゃダメのか!?
へー。ロボットと結婚(遠い目)
結婚か……まだ、出来ません!

タコ料理では刺身が好きです
あっ、でも、たこ焼きもいいかも
あげちゃうの!?

何か、この新キャラのお姉さん、怖いな
目が何と言うか。威圧感がある

アリスちゃんはどうしてこんなにも可愛いの?
たかがタコ一匹。されどタコ一匹。
アリスちゃん。可愛いな。頭を撫でたい

あっ!思い出した!コイツの名前はセブンだ!(違
(たまにキャラの名前を間違える)

だったらエイト。お前には分かるのか!
色んな女にモテまくりでいつもイチャイチャしてる奴の気持ちが!
毎日、修羅場で鈍感でラッキースケベで理不尽に殴られたり!
たまに気を使わないといけない。一緒に寝たり、お風呂に入ったり
バレンタイン?ホワイトデーを知っているか!?お返しは10倍返し!
とリア充にはリア充の大変さがある

お姉さん、つえー。
何者なんだ?この綺麗なお姉さん

私か?

私はタコ一匹の命でも平和のために戦う者...
ライフセイバーだ!

……え
……えー!
(二度見)
えー!?

思わず二度見してしまった!

い、いやお兄さんが女装してたのには何の驚きもないんですよ(震え声)
だって弟があんなに女装が似合うんだから(震え声)
でも、何故だろう。今、イクサ兄さんのセリフを聞いていたら間島淳司さんの声で変換された
あれ?私、何言ってんだ?(混乱中)
  • 2014/03/01 00:03
  • シライシ
  • URL
  • Edit
まさかここでエイトが出てくるとは…
本誌読んで無いので細かい所まで分からないのですが、
前々回の冒頭と関係あるのでしょうか?
それにしても何故タコ…
全く予想が付きません…

エイトは今回ハヤテを追い詰める辺り相当気合が入っているようです。
(メカが気合で強くなるのかという突っ込みは置いといて)
まあ、初回や2戦目でも結構苦戦していましたけど、
素手では厳しいのでしょうか?

そして登場のライフセイバーズにも登場した戦部大和。
確定してはいませんけど、この流れではハヤテ兄と見て良さそうです。
一応次回で一区切りみたいですけど、この流れでは次回で決着つかなそうなので、新しい話の流れになっていく形でしょうか?

それにしてもあの人の正義感の強さは相変わらずというか…
まあそういう人なんでしょうね。
  • 2014/03/01 13:55
  • raito
  • URL
Re: タイトルなし
kivaxtutoさん>

> イクサやアリスの言葉に感化されたハヤテですが
> ハヤテって天然で純粋な所がありますからね~

そうだね。
クリスマスにもサンタさんの言葉信じてたし。

> エイトは目的のタコを引き渡せば
> 人間にしてやるとでも言われたのですかね~

ロボットの永遠の夢だね。

> ハヤテがモテるのは女だけではないですけどね・・・

言われてみれば確かに...罪な男である

> イクサならエイトの事情にも一定の理解を示して正してくれたり?

イクサ兄さんならもうなんでも出来る気がしてくる

> イクサが女装してた理由もギャグで済ますのですかね~

真面目な理由を言われてもアレなので
ギャグでいいんじゃないかな

> 赤面してたハヤテですが兄さんが女装しててやっぱ恥ずかしかった?

いきなり女性が脱ぎだしたと思って
びっくりしたんだろうきっと。

コメントありがとうございました!!



  • 2014/03/01 19:10
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
スラッシュさん>

> いったい誰が!!?と思ったらエイトだったとは。(・_・;)まさか人間ですら無いとは

エイトは予想していなかった。

> そしてこの女性は誰だよ!!?と思えば・・・イクサ~!!!!(゚■゚″Ш)ガクガク
> 今回はもう驚きすぎて「グゥ」の音もでません。

かなりびっくりした。
女の人は完全に新キャラだと思ってた

> ・・・それにしてもエイトはなんなのだろう?

...なんなのだろうね?
リア充ロボ?(ぇ

コメントありがとうございました!!

  • 2014/03/01 19:12
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
ハヤラブさん>

> 個人的にはエイトのところにイクサがくるかたと思ったらエイトで予想外やった笑

エイトは本当久しぶりだから
出てくるとは思わなかった。

> でもまぁ、エイトと牧村先生は結婚するんだ笑
> ほんとに?
> うらやましいです笑ぇ

ほんとうに。うらやまけしからん

> そして、アリスに説教?されてタコを探しに(^^;;
> ハヤテは本当に純粋ですねぇ笑

そこが彼のいいところでもある

> そして、タコを見つけると謎のモブキャラ&エイトを見つける。
> なんか意味深のこというてエイトと戦闘開始!!

彼には一体どんな事情があるのやら

> しばらくしたら、女の人が登場‼︎
> しかも、それがイクサだったとはΣ(・□・;)
> もう、びっくりしたわ笑
> ほんと兄弟揃って女装が似合うとかどういうことだよ(^^;;

似合いすぎるだろうアニキも。
兄弟揃ってデビューしちゃえばいいと思うよ

> しかしまぁ、なんとか無事に再会した2人。
> このあと、どうなるんやろうか?

イクサさん記憶喪失だからなー
ハヤテはどうするのか

コメントありがとうございました!!

  • 2014/03/01 19:15
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
あああさん>

> 牧村さん彼氏とは別れたって言ってたのにwよりを戻してた?

喧嘩するほど仲が良いとも言う

> アリスとナギの金髪コンビは良い
> あんなちっこいのにアパート全員と対等以上な感じの関係性
> アーたんはどのサイズでも凄いw

元に戻った時が楽しみである

> あの人物がイクサとはこれっぽっちも思えなかった
> ハヤテの兄なら女になってるかもくらい長年の読者としては考慮すべきだった・・・涙

俺もまだまだである


コメントありがとうございました!!



  • 2014/03/01 19:17
  • TOKI.
  • URL
Re: 感想
wentさん>

> 今週の一言『驚きの・・・連続だった』
>
> ・・・今週は、本当に驚きの連続だったな・・・
> まさか、人ですら無いとは・・・予想できませんでした・・・。

エイトは予想外でしたね

> ・・・そして、イクサさんも、女装似合ってるな!!・・・全然、分からなかった!!。

さすが兄弟。似合い過ぎである

> ・・・ただ、イクサさんの言ってる事・・・良く、分からなかったなぁ・・・タコだからかな・・・?

記憶喪失になって変わってしまった?
いやまああまり変わってないようにも見えるんだけど。

> ・・・ハヤテ作中最強キャラって・・・イクサさんなのか・・・夜空さんなのか伊澄さんなのか・・・誰なのだろう。
> ・・・誰を選らんでも・・・あまり、変わらない気がするけど・・・。

元に戻ったアーたんもかなり強いよね。

>
> 夜空さんといえば・・・あのシルエットの人・・・いつでてくるんだ・・・?

どう絡んでくるんでしょうね


コメントありがとうございました!!




  • 2014/03/01 19:20
  • TOKI.
  • URL
Re: 第34話 『最終決戦』
wentさん>

> 始まりは、【な】
>
> あらすじ
> バニシングシードの両翼と頭4つを・・・シライシの犠牲により、破壊する事に成功した。
>
> 後は・・・頭3つと尻尾3つ・・・そして、コアだけだ。
>
> 続き
>
> なんとか・・・頭を破壊しないと・・・。
>
> リンドウ『・・・残りは、3つ・・・か。
> なら、俺が【ホーリーヘッド】を引き受けよう。
> ・・・アーサーが【ダークヘッド】
> wentとTOKIで・・・【アイスヘッド】を破壊するんだ。
> ・・・さぁ、始めよう!!』
>
> ・・・作戦は、決定した。

了解。がんばりまっす


> went『・・・【アイス】・・・氷属性ですね。
> ・・・ここは、TOKIに任せます。
> ・・・僕も援護は、しますけどね・・・元々、僕は、サポート役ですから・・・。』
>
> ・・・私が破壊するのか・・・?
>
> went『【ドリームフォース】【アタックフォース】!!』
>
> TOKIの攻撃が全属性攻撃になった。
> TOKIのA・SAが2倍になった。
>
> ・・・私が、やるしか無い!!

突撃ーっ

> TOKIは、頭に攻撃をした。
>
> TOKIの攻撃。
> バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ。
>
> ・・・かなり、効いてる・・・のか?

結構なダメージなのに
倒れないのかよ

> アイスヘッドは・・・吹雪を使ってきた。
>
> 私は、なんとか避ける。
>
> ・・・この位の動きなら・・・私でも倒せる・・・はず。
>
> went『・・・僕も援護をします。
> 【フレイムタワー】!!』
>
> wentの攻撃。
> バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ
>
> ・・・炎の柱が出現した・・・
> ・・・というより、やっぱり、攻撃方法持ってたんだ・・・。
>
> ・・・そして、10分後。

二人で同時攻撃すれば
結構いけるんじゃね

> TOKIの攻撃。
> バニシングアイスヘッドに2000万のダメージ。
> バニシングアイスヘッドを破壊した。
>
> 見ると、既に他2人は頭を破壊し終えていた。

おっし倒した―っ!

> リンドウ『・・・次は、尻尾だ!!』
>
> そして、後ろへ回り込む。
>
> went『・・・ヘビの尻尾・・・・なんか、嫌な予感がします・・・化身を発動しておきます。』
>
> ・・・そして、氷の柱を目の前に出現させた。
>
> その時、3つの蛇が、灰色のレーザーを吐いてきた。
>
> went『・・・灰色?・・・マズイ。』
>
> ・・・そういい、避けた。
>
> それが氷の柱に当たる。
>
> ・・・氷の柱は、石になった。
>
> went『・・・こいつ・・・石にするレーザーを口から出すみたいです・・・。』

石化攻撃とか
厄介な...
治癒役誰かいないんか

> リンドウ『・・・俺が、遠距離から攻撃をする。
> だから、お前達は・・・蛇を引き付けて欲しい。』
>
> ・・・これは、結構危険な賭けだ。
> ・・・あれに、触れては行けないと言うことになる。

触れたら一発アウトだもんね

> 私達は、戦いを再開した。
>
> リンドウは、どうやら、遠距離から、連続でエネルギー弾を撃っているようだ。
> リンドウの攻撃。
> バニシングスネーク1に1000万のダメージ。
> バニシングスネーク1を破壊した。
>
> ・・・HPは、低いのか・・・。(まぁ、それでも1000万あるわけだが・・・)

とりあえずとっと倒さないと

> ・・・そして、もう1匹の蛇も破壊して・・・ついに、後1匹となったとき・・・目の前にレーザーが・・・
>
> アーサー『・・・私が、盾になります。』
>
> ・・・当たる瞬間に突き飛ばされ・・・アーサーに当たってしまった。
>
> アーサーは、石になった。

アーサーさああああああん!!
なんてこったよ一番やられちゃいけない人が!!

> リンドウの攻撃。
> バニシングスネーク3に1000万ダメージ。
> バニシングスネークを破壊した。
>
> リンドウ『・・・恐らく、この石化は・・・コアを破壊してバニシングシードを倒さないと解けない。
> だから、俺達で・・・コアを破壊するんだ。』

まだ治る可能性はあるんだね!?
よっしゃコアぶっ壊すぞ

> リンドウは、コアに攻撃をしようとしたが・・・・コアを守る用に・・・薄い膜のような物がコアの近くに出現した。
>
> リンドウの攻撃。
> バニシングコアに0のダメージ
>
> リンドウ『・・・厄介な!!ダメージを無効果にする能力か!!』

ダメージを無効化って何!?
攻撃しても意味ないの!?

> went『・・・なら、僕が・・・【封印】をします。
> 【ゴッドシール】!!』
>
> ・・・そうだ・・・wentの持つユニークスキルには・・・強化と封印があった・・・。
> これなら・・・!!
>
> ・・・しかし、いくら待っても・・・薄い幕は、消えない・・・。
>
> went『・・・・まさか・・・。
> 1つ試して見ます・・・【インフィニティートライヴ】!!』
>
> ・・・味方全員の能力を10倍にする能力・・・。
>
> けど・・・ステータスが一瞬上がるも・・・・また、元の数値に戻った。
>
> went『間違いありません。
> ・・・・この薄い膜には・・・【ユニークスキルの無効果】も含まれてるようですね・・・。』
>
> ・・・・なんだよ、それ・・・どんなチートだよ!!

チートにもほどがあるぞこのやろー!!
どうしろってんだ

> went『・・・残された可能性は・・・【化身】・・・【化身】の能力だけは・・・有効だと思います。
> ・・・その証拠に【化身】は、消されてません。』
>
> ・・・けど、私の能力では・・・どうにもできない・・・。
>
> けんむろ『TOKI。・・・手伝いに来たよ。』
>
> ・・・けんむろが
> こっちにやって来た・・・
> ただ・・・姿が・・・なんか、違う。
>
> 今のけんむろの姿は、氷の鎧を身に纏い、輝く羽が背中から生えていて・・・さらに、氷でできた剣を手に持っている。
>
> リンドウ『・・・これは、化身【ペガサス】の【究極霊装(アルティメットアームド)】した姿だな・・・。
> ・・・これなら、なんとか、出来るかも知れない。』
>
> ・・・おい・・・嘘だろ・・・同じ地球出身の、けんむろが、アルティメットアームドを使えるようになったのか・・・?

けんむろさんぱねえ

> 私は、化身の発動までしかできないのに!!
>
> けんむろ『・・・そういえば、シライシの姿が見えないんだけど・・・どうしたの?』
>
> ・・・
>
> T『・・・シライシは・・・頭を4つ引き付けてて・・・頭を破壊は、したんだけど・・・・運悪く、頭上に隕石が落ちてきて・・・・やられた。』

俺の力不足ですいません

> けんむろ『・・・犠牲者が出たのか・・・・だったら、なおさら、こいつを破壊しないとな!!
> ・・・きっと、ハリスなら・・・ シライシを生き返らせる方法を知ってるだろう。』
>
> ・・・まぁ、あいつなら・・・確かに知ってるかもな・・・。

ハリスさんならなんとかしてくれる

> けんむろ『・・・それで、今は・・・どんな状況なんだ?』
>
> T『・・・後は、コアを破壊するだけなんだが・・・この薄い膜をどうにかしないと・・・ダメージを与えられないんだ。
> ・・・しかも、これは【ユニークスキル】も無効果にするんだ。・・・俺達には、どうしようもできない。』
>
> けんむろ『・・・【化身】の力が、通用するなら・・・俺が、なんとか出来るよ。』
>
> ・・・何をするんだ・・・?
>
> そういうと、けんむろは薄い膜に近づき・・・薄い膜を凍らせた。
>
> ・・・すると、薄い膜は、消えていった。
>
> リンドウ『・・・!!これなら・・・!!』
>
> ・・・しかし、コアに近付けさせまいと・・・黒い塊がたくさん出現し・・・道を塞ぐ。
>
> けんむろ『【セイントブリザード】!!』
>
> ・・・・けんむろがなんか、ーきらきらしてる吹雪を使った。
>
> 黒い塊は、次々と凍っていき・・・道が出来る。
>
> リンドウの攻撃。
> バニシングコアに1000万ダメージ。
>
> ・・・凄い・・・これなら・・・!!


すげえダメージ与えたよ

> バニシングコアの能力【オートリペア】発動。
> バニシングコアのHPが完全に回復する。

さらに自動回復...だと

> リンドウ『・・・こいつは・・・厳しいな。
> こいつを破壊するには・・・一撃で5億のダメージを与える必要があるみたいだ・・・。』
>
> ・・・どんな、チートな敵だよ!!

一回で5億とか無茶ぶりってレベルじゃねえぞ

> T『・・・私の化身で、ステータスを5倍にして、アタックフォースを使っても1億。
> ・・・足りない。』
>
> リンドウ『・・・その化身の力があるなら、なんとか出来るかもしれない。』
>
> ・・・・え?
>
> リンドウ『・・・俺の武器には、【補喰形態】といって・・・・ダメージを与えずに、当てた対象の【化身・ユニークスキル】を自分も使えるという能力がある・・・これで、TOKIの化身を俺が使って、TOKIも発動。
> そして、Aをあげれば・・・ちょうど5億になる。』
>
> ・・・もう、それしか無い・・・か。

可能性が少しでもあるならそれに賭けるしかない

> けんむろ『・・・俺が周りの黒い塊は、抑えておく。
> だから、その間に・・・頼んだ。』
>
> リンドウ『・・・ じゃあ始めようか。【トランス:プレデターモード】』
>
> ・・・武器の形が・・・かなり、変わった。
>
> そして、口が開くかのように・・・武器が2つに分かれ・・・私に当たる。
> ・・・痛くは、無かった。
>
> T・リンドウ『『・・・化身発動。』』
>
> went『アタックフォース!!』
>
> けんむろ『・・・道は、俺が切り開く!!』
>
> ・・・そして、道が出来た。
>
> リンドウ『・・・俺らの渾身の一撃を食らえ!!』

いっけええええええええええええ


> リンドウの攻撃。
> バニシングコアに5億ダメージ。
> バニシングコアを破壊した。
> バニシングシードを倒した。
>
> ・・・そして、バニシングシードは消えていく。
>
> ・・・勝てた・・・私達は、地球を守ったのだ。


よっしゃあきたあああああああああああ

> ~・・・~
>
> ハリス『・・・皆さん、おめでとうございます。
> ・・・地球を守る事が出来た用ですね。
> ・・・さて、ここで、皆さんには、選択をしてもらいます。
> ・・・元の世界に帰るか・・・異世界に残るかを・・・』
>
> ・・・私は・・・
>
> 続く

帰る。サンデーが待っているんでな



コメントありがとうございました!!



  • 2014/03/01 19:28
  • TOKI.
  • URL
Re: コメント
シライシさん>

> こんばんは!
>
> あんまり関係ないけど
>
> どうやら私はココまでのようだ
> 後の事は任せたぞ。
> アーサーさん。リンドウさん。けんむろさん。wentさん。そしてTOKIさん
> 地球を……この先の未来を頼んだぞ
>
> 男なら一度はこう言うセリフを言ってみたい!

死亡フラグだけどね(ちょ
お前のことは忘れない

> 感想です
>
> お、お前は!?
> ……誰だっけ(マテ
> 名前なんだっけ……
> ほら……エイ、エイなんとかさん?
> ダメだ出てこない!(オイ

なんとかイトさん

> イカじゃダメのか!?
> へー。ロボットと結婚(遠い目)
> 結婚か……まだ、出来ません!

相手もいません!

> タコ料理では刺身が好きです
> あっ、でも、たこ焼きもいいかも
> あげちゃうの!?

たこわさも最近悪く無いと思うようになった

> 何か、この新キャラのお姉さん、怖いな
> 目が何と言うか。威圧感がある

殺気を感じるよね

> アリスちゃんはどうしてこんなにも可愛いの?
> たかがタコ一匹。されどタコ一匹。
> アリスちゃん。可愛いな。頭を撫でたい

うん。撫で回して
その後叱られたい

> あっ!思い出した!コイツの名前はセブンだ!(違
> (たまにキャラの名前を間違える)

惜しい!!

> だったらエイト。お前には分かるのか!
> 色んな女にモテまくりでいつもイチャイチャしてる奴の気持ちが!
> 毎日、修羅場で鈍感でラッキースケベで理不尽に殴られたり!
> たまに気を使わないといけない。一緒に寝たり、お風呂に入ったり
> バレンタイン?ホワイトデーを知っているか!?お返しは10倍返し!
> とリア充にはリア充の大変さがある

体が弱い人はキツイだろうね。
けどチョコがもらえるならたとえ何倍返しだろうと(ry

> お姉さん、つえー。
> 何者なんだ?この綺麗なお姉さん
>
> 私か?
>
> 私はタコ一匹の命でも平和のために戦う者...
> ライフセイバーだ!
>
> ……え
> ……えー!
> (二度見)
> えー!?

> 思わず二度見してしまった!

うん、するよね、二度見。
イクサさんとは思わないもの

> い、いやお兄さんが女装してたのには何の驚きもないんですよ(震え声)
> だって弟があんなに女装が似合うんだから(震え声)

びっくりするほどのクオリテイィー
さすがアニキである


> でも、何故だろう。今、イクサ兄さんのセリフを聞いていたら間島淳司さんの声で変換された
> あれ?私、何言ってんだ?(混乱中)


おれ、あにきっす


コメントありがとうございました!!





  • 2014/03/01 19:33
  • TOKI.
  • URL
Re: タイトルなし
raitoさん>

> まさかここでエイトが出てくるとは…
> 本誌読んで無いので細かい所まで分からないのですが、
> 前々回の冒頭と関係あるのでしょうか?
> それにしても何故タコ…
> 全く予想が付きません…

あの女性が牧村さんと思うんだけど
何か条件を出されたんだろうね

> エイトは今回ハヤテを追い詰める辺り相当気合が入っているようです。
> (メカが気合で強くなるのかという突っ込みは置いといて)
> まあ、初回や2戦目でも結構苦戦していましたけど、
> 素手では厳しいのでしょうか?

相手もやっぱりロボだからね。
作った人が作った人だし
それなりに強いんだろう

> そして登場のライフセイバーズにも登場した戦部大和。
> 確定してはいませんけど、この流れではハヤテ兄と見て良さそうです。
> 一応次回で一区切りみたいですけど、この流れでは次回で決着つかなそうなので、新しい話の流れになっていく形でしょうか?

どう展開するんでしょうね。
アニキ出てきていろいろ面白くなりそうだ

> それにしてもあの人の正義感の強さは相変わらずというか…
> まあそういう人なんでしょうね。

記憶喪失でも相変わらずでした。


コメントありがとうございました!!





  • 2014/03/01 19:35
  • TOKI.
  • URL
最終話 『地球への帰還~風の支配者TOKI~』
始まりは、【は】

あらすじ
遂に、終末を呼ぶ獣:バニシングシードを倒したTOKI達。
そして・・・選択を迫られた。

続き

ハリスの質問への答えは・・・もう、決まっていた。

けんむろ『・・・俺は、地球へ帰りたい。
確かに、この世界も悪くは無い・・・けど、やっぱり・・・ただの学生の俺には、・・・危険な世界だと思うから。』

・・・けんむろ・・・私よりも活躍してたじゃないか!!
私の出番って・・・実質、最後だけだったんだが!!

T『・・・私も地球へ帰る。
・・・なんせ、この世界には、娯楽と呼べる物が無いからな!!
・・・私には、退屈過ぎる世界だから!!』

レオン『・・・俺も地球へ帰りたい。
・・・けんむろの言ってた通り・・・この世界は、地球よりも、危険だ。
・・・だから、少しでも安全なところに帰りたい。』

went『・・・僕は、この世界に残ります。
僕の使役しているモンスター達と別れたくないってのもあるのですが・・・
僕は、この戦いで失ってしまった・・・シライシを復活させる方法を探して・・・復活させたいのです。
・・・そのためにも、僕は・・・地球へは、帰りません。』

アーサー『・・・私もこの世界に残ります。
この世界には、モンスターがたくさんいます。
私は・・・モンスターの脅威から、この世界に住む人々を護りたいのです。
・・・それに、見たところ・・・悪人を取り締まる用な組織も無いようですし・・・私は、この世界を少しでも・・・良い世界にするためにも・・・この世界に残ります。』

・・・なんか、アーサーさん、凄い考えだ・・・

栞『・・・私は、元々・・・この世界の住民です。
・・・つまり、地球へ行くと言う事は・・・それが、【異世界】へ行く事に変わりありません。
・・・つまり、この世界に残ります。』

ハリス『・・・皆の答えは、分かったよ。
・・・僕は、地球に残ったモンスターを殲滅しないといけないからね・・・
だから、後1時間後位に、また・・・アリス達も連れてくる。
・・・それまでに、元の世界に帰る人は、仲間に・・・別れを告げると良いよ。』

・・・そして、ハリスは・・・消えた。

~・・・~

T『アーサー・・・1つお願いがある。』

アーサー『・・・どうしましたか?TOKIさん。』

・・・私は、言った。

T『・・・アーサーさんのサインが欲しい。・・・本当は、その剣も欲しいところなのだが・・・・・・多分、武器は、持ち帰れないと思う。
・・・だから、サインが欲しい。』

・・・だって、伝説のアーサー王に会う機会なんて・・・今後、絶対に無いだろうしな。

アーサー『・・・私のサインなんかで、いいのなら・・・別に、いいですよ。
・・・特に、断る事でもありませんしね。』

・・・そして、アーサーがサインを書き、私に渡した。

T『・・・帰ったら、大切に保管しないとな・・・。』

アーサー『・・・それでは、TOKIさん。短い間でしたが・・・一緒に冒険出来て、良かったと思います。
私は、これから・・・この世界を少しでも、良くするために、動こうと思います。
TOKIも・・・向こうの世界で、頑張って下さい。』

・・・何を?

~・・・~

そして、1時間後・・・ハリスが帰って来た。

アリス『・・・私から、言いたい事は、特にありませんが・・・元の世界へ帰る皆さんも・・・自分の住む世界以外にも、たくさんの世界があるという事を忘れないでいて下さい。
それでは、さようなら。』

続いて、クレアさんが話を始める。

クレア『・・・私からも、特に言いたい事・・・無いんですけど・・・
あぁ、1つ重大な事を言っておかないと行けませんでした。
元の世界へ帰る皆さんが、飛ばされる時間は・・・【召喚された時】・・・らしいです。
・・・そして、今回の事件は、起こりません。
・・・じゃあ、これで、私から言いたい事は、以上です。』

ハリス『・・・さて、飛ばす前に・・・元の世界へ帰る人には、渡しておかないといけないものがあります。』

・・・そういい、渡されたのは、【腕時計】のようなもの。

ハリス『・・・それは、【異能】と【化身】の力を封印するための物・・・です。
外す時は、ダイアルを回せば良いです。
・・・それと、それはずっとつけておいて構いません。
・・・後、武器と防具だけは、向こうの世界に持っていけません。
持っていけるのは・・・指輪や色紙など・・・ですね。』

・・・じゃあ、サインは、問題無いな・・・。

ハリス『・・・では、皆さん、さようなら。
・・・お元気で。』

・・・そして・・・私は、再び・・・飛ばされた。

~・・・~

久しぶりに見る風景だ。
・・・ここは、私の部屋。
・・・左腕には、封印の腕時計がつけられていた。

T『・・・この【風を操る力】を封印したままなんて・・・もったい無いよな・・・』

・・・そして、私は・・・ダイアルを回し・・・封印を解いた。

T『・・・この力は、強大だ。
・・・最後は、【竜巻】を起こしてたからな・・・ここで、使うわけには・・・行かないだろう。』

・・・・私には、風を操るっていう・・・子供の時から、憧れてた力が宿ってるんだ・・・

T『・・・これで、私の敵は、いない。
地球では、私に勝てる者等・・・いなくなったんだ。
・・・私が、世界で1番強いんだ。
これを止められる人は・・・この世界には、いなくなった。
私が、この力を持って・・・地球から犯罪や戦争を無くす。』

・・・私は、これから【風の申し子】改め、【風の支配者】と、名乗ろう。

・・・これからは、私の時代だ!!

・・・それから、10年後、TOKIは、【風を操る男】として、地球人から、恐れられ・・・ハリス達に狙われる事となった。

ハリス『・・・TOKI。残念だよ。
まさか、君を倒さないといけなくなるなんてね・・・。』

T『・・・私こそが、この世界の支配者なんだ。
・・・そのためには、ハリス・・・あんたを倒さないといけない。
・・・私に相手等いないんだ!!』

・・・そして、私は・・・竜巻を起こす。

ハリス『・・・その程度で、僕に勝てると思ってたなんて・・・本当に、残念だよ?』

・・・ハリスは剣で、竜巻を斬った。

ハリス『・・・TOKI・・・君には、こっちの世界に戻ってきてもらう。
・・・そして、アーサーの作った、
犯罪者を捕まえる施設に入れる。
・・・脱獄は、できないと思うと良いよ。
そして・・・君の犯した罪を一生、そこで償い続けるといい。』

T『・・・私を捕まえられるのか?』

ハリス『・・・あぁ、本気で行くよ。
究極霊装。』

三角の帽子に、ロープ。
そして、手には、杖。
・・・ハリスは、まるで、魔法使いのような姿に変わった。

ハリス『・・・僕の持つ、この化身の力は【時間操作】。
・・・普段から、【加速】をして、光の速さで、敵を倒しているんだけど・・・こういう使い方だって、出来る』

・・・そして、私は、【時間】を停められた。

ハリス『聞こえて無いだろうけど・・・TOKI・・・君は、僕達の信頼を裏切った。
・・・だから、君の時間は、もう動かさない。
・・・君が、あの時・・・異世界に残ってたら、こんな悲しい結末を迎える事は、無かったんだろうね・・・。
・・・そして、本当にさようなら。』

・・・そして、ハリスは、TOKIをクリミナルの収容施設に送った。



・・・・まさかの、Badendでしたね・・・自分でも、こうなるとは、思って無かったww(事前に話の下書き等の用意は、何もしてないので・・・。)

・・・この話のTOKIは、実在する人物と関係無いので・・・気にしては、駄目ですよ?

・・・後、他のキャラのその後も書く予定なので・・・もうしばらく、お付き合い下さい。

・・・もし、TOKIが異世界に残った選択をした際の話も気になるのなら、考えますが・・・どうします?
  • 2014/03/04 19:25
  • went
  • URL
  • Edit
Re: 最終話 『地球への帰還~風の支配者TOKI~』
wentさん>

> 始まりは、【は】
>
> あらすじ
> 遂に、終末を呼ぶ獣:バニシングシードを倒したTOKI達。
> そして・・・選択を迫られた。
>
> 続き
>
> ハリスの質問への答えは・・・もう、決まっていた。
>
> けんむろ『・・・俺は、地球へ帰りたい。
> 確かに、この世界も悪くは無い・・・けど、やっぱり・・・ただの学生の俺には、・・・危険な世界だと思うから。』
>
> ・・・けんむろ・・・私よりも活躍してたじゃないか!!
> 私の出番って・・・実質、最後だけだったんだが!!

まあモンスターがうろうろしてるし
元の世界のほうが安全だよね

> T『・・・私も地球へ帰る。
> ・・・なんせ、この世界には、娯楽と呼べる物が無いからな!!
> ・・・私には、退屈過ぎる世界だから!!』

漫画が、アニメが、ゲームが俺を待っている

> レオン『・・・俺も地球へ帰りたい。
> ・・・けんむろの言ってた通り・・・この世界は、地球よりも、危険だ。
> ・・・だから、少しでも安全なところに帰りたい。』

懸命な判断である

> went『・・・僕は、この世界に残ります。
> 僕の使役しているモンスター達と別れたくないってのもあるのですが・・・
> 僕は、この戦いで失ってしまった・・・シライシを復活させる方法を探して・・・復活させたいのです。
> ・・・そのためにも、僕は・・・地球へは、帰りません。』

wentさんいいヤツ。
がんばって復活させてください

> アーサー『・・・私もこの世界に残ります。
> この世界には、モンスターがたくさんいます。
> 私は・・・モンスターの脅威から、この世界に住む人々を護りたいのです。
> ・・・それに、見たところ・・・悪人を取り締まる用な組織も無いようですし・・・私は、この世界を少しでも・・・良い世界にするためにも・・・この世界に残ります。』
>
> ・・・なんか、アーサーさん、凄い考えだ・・・

さすが騎士王(違

> 栞『・・・私は、元々・・・この世界の住民です。
> ・・・つまり、地球へ行くと言う事は・・・それが、【異世界】へ行く事に変わりありません。
> ・・・つまり、この世界に残ります。』

栞ちゃん異世界の子なんだ。

> ハリス『・・・皆の答えは、分かったよ。
> ・・・僕は、地球に残ったモンスターを殲滅しないといけないからね・・・
> だから、後1時間後位に、また・・・アリス達も連れてくる。
> ・・・それまでに、元の世界に帰る人は、仲間に・・・別れを告げると良いよ。』
>
> ・・・そして、ハリスは・・・消えた。

1時間くらいでいいんだ...

> ~・・・~
>
> T『アーサー・・・1つお願いがある。』
>
> アーサー『・・・どうしましたか?TOKIさん。』
>
> ・・・私は、言った。
>
> T『・・・アーサーさんのサインが欲しい。・・・本当は、その剣も欲しいところなのだが・・・・・・多分、武器は、持ち帰れないと思う。
> ・・・だから、サインが欲しい。』
>
> ・・・だって、伝説のアーサー王に会う機会なんて・・・今後、絶対に無いだろうしな。

オナシャス!!

> アーサー『・・・私のサインなんかで、いいのなら・・・別に、いいですよ。
> ・・・特に、断る事でもありませんしね。』
>
> ・・・そして、アーサーがサインを書き、私に渡した。
>
> T『・・・帰ったら、大切に保管しないとな・・・。』

家宝にするっす!

> アーサー『・・・それでは、TOKIさん。短い間でしたが・・・一緒に冒険出来て、良かったと思います。
> 私は、これから・・・この世界を少しでも、良くするために、動こうと思います。
> TOKIも・・・向こうの世界で、頑張って下さい。』
>
> ・・・何を?

アーサーさんいままでありがとうございました
あなたがいなければそっこうでやられてました

> ~・・・~
>
> そして、1時間後・・・ハリスが帰って来た。
>
> アリス『・・・私から、言いたい事は、特にありませんが・・・元の世界へ帰る皆さんも・・・自分の住む世界以外にも、たくさんの世界があるという事を忘れないでいて下さい。
> それでは、さようなら。』

アリスちゃん一緒に帰らない?(マテ

> 続いて、クレアさんが話を始める。
>
> クレア『・・・私からも、特に言いたい事・・・無いんですけど・・・
> あぁ、1つ重大な事を言っておかないと行けませんでした。
> 元の世界へ帰る皆さんが、飛ばされる時間は・・・【召喚された時】・・・らしいです。
> ・・・そして、今回の事件は、起こりません。
> ・・・じゃあ、これで、私から言いたい事は、以上です。』
>
> ハリス『・・・さて、飛ばす前に・・・元の世界へ帰る人には、渡しておかないといけないものがあります。』
>
> ・・・そういい、渡されたのは、【腕時計】のようなもの。
>
> ハリス『・・・それは、【異能】と【化身】の力を封印するための物・・・です。
> 外す時は、ダイアルを回せば良いです。
> ・・・それと、それはずっとつけておいて構いません。
> ・・・後、武器と防具だけは、向こうの世界に持っていけません。
> 持っていけるのは・・・指輪や色紙など・・・ですね。』

ダイアル回せば戻せるのかよ
それ封印の意味あるのか...?

> ・・・じゃあ、サインは、問題無いな・・・。
>
> ハリス『・・・では、皆さん、さようなら。
> ・・・お元気で。』
>
> ・・・そして・・・私は、再び・・・飛ばされた。

さよなら

> ~・・・~
>
> 久しぶりに見る風景だ。
> ・・・ここは、私の部屋。
> ・・・左腕には、封印の腕時計がつけられていた。
>
> T『・・・この【風を操る力】を封印したままなんて・・・もったい無いよな・・・』

確かにもったいないかもしれない
元々使えてた能力だしねぇ

> ・・・そして、私は・・・ダイアルを回し・・・封印を解いた。
>
> T『・・・この力は、強大だ。
> ・・・最後は、【竜巻】を起こしてたからな・・・ここで、使うわけには・・・行かないだろう。』

竜巻はやばいから
力加減気をつけないとダメだね

> ・・・・私には、風を操るっていう・・・子供の時から、憧れてた力が宿ってるんだ・・・
>
> T『・・・これで、私の敵は、いない。
> 地球では、私に勝てる者等・・・いなくなったんだ。
> ・・・私が、世界で1番強いんだ。
> これを止められる人は・・・この世界には、いなくなった。
> 私が、この力を持って・・・地球から犯罪や戦争を無くす。』

どこのライトさんだよ
わざわざそんな大それたことしなくとも
平和に生きようぜ...

> ・・・私は、これから【風の申し子】改め、【風の支配者】と、名乗ろう。
>
> ・・・これからは、私の時代だ!!
>
> ・・・それから、10年後、TOKIは、【風を操る男】として、地球人から、恐れられ・・・ハリス達に狙われる事となった。

うおおおおおぃっ!!
ダメじゃねえか!

> ハリス『・・・TOKI。残念だよ。
> まさか、君を倒さないといけなくなるなんてね・・・。』
>
> T『・・・私こそが、この世界の支配者なんだ。
> ・・・そのためには、ハリス・・・あんたを倒さないといけない。
> ・・・私に相手等いないんだ!!』

ハリスさん、貴方を倒したらアリスちゃんとの仲を認めてくr(ry

> ・・・そして、私は・・・竜巻を起こす。
>
> ハリス『・・・その程度で、僕に勝てると思ってたなんて・・・本当に、残念だよ?』
>
> ・・・ハリスは剣で、竜巻を斬った。

ですよねー
勝てるわけないよねー

> ハリス『・・・TOKI・・・君には、こっちの世界に戻ってきてもらう。
> ・・・そして、アーサーの作った、
> 犯罪者を捕まえる施設に入れる。
> ・・・脱獄は、できないと思うと良いよ。
> そして・・・君の犯した罪を一生、そこで償い続けるといい。』
>
> T『・・・私を捕まえられるのか?』
>
> ハリス『・・・あぁ、本気で行くよ。
> 究極霊装。』
>
> 三角の帽子に、ロープ。
> そして、手には、杖。
> ・・・ハリスは、まるで、魔法使いのような姿に変わった。
>
> ハリス『・・・僕の持つ、この化身の力は【時間操作】。
> ・・・普段から、【加速】をして、光の速さで、敵を倒しているんだけど・・・こういう使い方だって、出来る』
>
> ・・・そして、私は、【時間】を停められた。

時を止められた。TOKIだけに(オイ

> ハリス『聞こえて無いだろうけど・・・TOKI・・・君は、僕達の信頼を裏切った。
> ・・・だから、君の時間は、もう動かさない。
> ・・・君が、あの時・・・異世界に残ってたら、こんな悲しい結末を迎える事は、無かったんだろうね・・・。
> ・・・そして、本当にさようなら。』
>
> ・・・そして、ハリスは、TOKIをクリミナルの収容施設に送った。
>
> 完

終わったあああああ!!
完全にBADENDです本当にありがとうございました
いろいろ壮大なことしてたけどこんなオチかよ

> ・・・・まさかの、Badendでしたね・・・自分でも、こうなるとは、思って無かったww(事前に話の下書き等の用意は、何もしてないので・・・。)
>
> ・・・この話のTOKIは、実在する人物と関係無いので・・・気にしては、駄目ですよ?

気にするわっ!!

> ・・・後、他のキャラのその後も書く予定なので・・・もうしばらく、お付き合い下さい。

エピローグ的なアレですか。
アリスちゃんどうなったんだろ。
あとシライシさん復活できたのだろうか

> ・・・もし、TOKIが異世界に残った選択をした際の話も気になるのなら、考えますが・・・どうします?

いや、一度残らないと選択をしちゃったし。
結局それが運命石の扉の選択だったということなのだろう(ぇ



コメントありがとうございました!!


  • 2014/03/04 21:38
  • TOKI.
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
第441話「サンデーでタコが好きとか言うと面堂君を思い出すよね」
こんばんは。けんむろです。 ハヤテなぞなぞの答えは後日公開します。 まだご覧でない方はこの記事の下の記事をご覧ください。 さて、今日は水曜日。 早速ハヤテ感想にまいりましょう。 ………と言いたいところなのですが、すいません…………今週は超簡潔に。 千桜も後ろ姿しか出ていませんし………… ていうか、千桜はハヤテをちゃんと口説いたのですか!? なんか普通にハヤテの...
  • 2014/02/27 20:26
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。